クアラルンプールでのトランジットにオススメ!チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)へのアクセス詳細&客室内レポート

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)外観

クアラルンプール国際空港をトランジット(乗り継ぎ)で利用する方も多いと思います。

私が以前紹介したエアチャイナとANA海外発券の組み合わせてSFC修行する方法では、深夜到着&早朝出発の組み合わせでもあり、空港内で野宿したくない場合にはトランジット用のホテルを押さえる必要があります。

KLIAターミナル直結の「Sama-Sama Hotel」もありますが、マレーシアにしてはかなり高い料金(市内に行けば高級ホテルに泊まれるくらい)ですので、「トランジットのためにそこまでは・・・」とちょっと躊躇するかもしれません(私がそうなのですが)。

空港から離れるとかなり安いトランジット向けのホテル(以前宿泊したホテルはこちら)もたくさんありますが、早朝便だとホテルからの移動で渋滞とか何かトラブルがあったら困りますので、出来れば空港に近くお手頃価格のホテルにしたいところ。

今回は翌朝8時発のフライトに搭乗予定でしたのでそういう条件でホテルを比較した結果、KLIA2ターミナル(LCC専用)に隣接する「チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)」を利用しましたので、そこまでのアクセス方法と客室内の様子をレポートしたいと思います。

ホテルまでの道順に関してあまり案内がなかったと思いましたので(私の見落としかも知れませんが)、写真付きで目印になるものも一緒にご紹介します。


KLIAターミナルからKLIAエクスプレスでKLIA2ターミナルへ移動

まずはKLIAエクスプレスのプラットフォームへ

ホテルは”KLIA2ターミナル”に隣接していますので、KLIAターミナルに到着した場合には、まずはそちらのターミナルに移動することが必要です。

今回は「KLIAエクスプレス」で移動してみました。

KLIAエクスプレスまでのルート@KLIAターミナル

KLIAエクスプレスのプラットフォームまでは、案内板に従って進んでいけば問題なく到着できるでしょう。

KLIAエクスプレスまでのルート@KLIAターミナル

KLIAエクスプレスのプラットフォーム

KLIAエクスプレスのプラットフォームに到着しました。

KLIAエクスプレスプラットフォーム

今回は有人カウンターでチケットを購入。

KLIA2ターミナルまで「2RM(約52円)」です。次の出発時間と利用するプラットフォーム名まで、書いて教えてくれました。

改札を通る際には、左側の「TICKET」と印刷されたレシートにあるバーコードを読取機にかざすと認証されます。

KLIAエクスプレスチケット

KLIAエクスプレスの時刻表はこちらからどうぞ。

KLIA Ekspres Train Times

今回はプラットフォーム「B」を利用します。

KLIAエクスプレスプラットフォーム

列車が到着するとディスプレイにどちらに行くか(KLセントラル or KLIA2)表示されますので、まず迷うことはないと思います。

KLIAエクスプレスプラットフォーム

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

KLIAエクスプレス改札を出た後のアクセス

KLIA2ターミナルの、KLIAエクスプレスのプラットフォームは1階ですが、改札は2階になります。

その改札を出た後のルート案内が見当たらなく、最初はけっこう当惑しました…(T_T)

ターミナル内のマップ上にルートを示すとこのようになります。

改札を出たらまず右側へ向かって進み、最初のコーナーを右折、その後は直進すると1階へのスロープが見えてきます。

KLIAエクスプレス改札後のチューンホテルまでの行き方@KLIA2ターミナル

空港ホームページより)

こちらは改札を出た直後です。右側へ進みましょう。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

するとすぐに、青い看板のポップコーン屋さんが見えてきます。ここを右折します。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

あとはこの通路を真っ直ぐ進みます。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

まだ直進します。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

すると、バスやタクシー乗り場のある1階へのスロープがあります。

ここまで辿り着ければ、あとは道なりに進むだけです♪

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

専用通路を通ってホテルへ向かいます

スロープを下りると、やっと「Tune Hotel KLIA2」の看板が見えます。

ホッとする瞬間ですね。。^^;

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

専用通路ですので、迷うことなくひたすら進むだけです。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

やっとホテルが見えました!(ピンぼけしまくっててスイマセン。。^^;)

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

専用通路の1階に下りて、もう少しでホテル到着です。

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

専用通路からホテルエントランスにやっと着きました〜〜。

隣接していると言えばまぁそうなのですが、歩くとけっこうな距離があるように感じます(10分強くらい)。そして屋外なので暑いですしね。。

とは言え、無事に到着です!!

KLIA2ターミナルからチューンホテル(Tune Hotel KLIA2)までのアクセス

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)の客室内

ベッドルームの様子

今回はダブルベッドルームを予約しました。

広さは1人なら最低限あるかな、といったところでしょうか。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)客室内の様子

ペットボトルウォーターは2本用意されていました。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)客室内の様子

写真に収めるのを忘れたのですが、天井にはシーリングファンがあるので、特に今の季節であればエアコン無しでファンを弱で回しておくだけで、快適に眠れると思います。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)客室内の様子

ハンガーや荷物置きの場所も設けられていました。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)客室内の様子

それと、入り口ドアから通路での話し声が聞こえてくるのは少々気になりました。

デイユースもあるトランジットホテルなので、24時間人の出入りが激しいので、特に◯◯の国の人は声が大きくて響いていました。気になる人は気になるかも知れません。。

あと、Wi-Fiはチェックイン時にIDとパスワードを渡してもらえます。

シャワールームの様子

シャワールームは綺麗に掃除はされていました。ホテル自体新しいですので、特に目立った汚れなども感じませんでした。

ドライヤーは固定されて設置されています。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)洗面台

シャワーは固定で調整できないのがちょっとツラいところ。。

ただ、お湯の出も温度も問題なかったです。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)シャワー

アメニティはこれだけです。シャンプーと固形石けんだけ。

手荷物を預けない人は厳しいですが(機内への持込制限があるため)、シャンプーや洗顔フォームとか化粧水などは持参したほうが良いでしょう。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)アメニティ

ホテルの外観

ホテルの外観です。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)外観

ホテルの周辺にはホントに何もありません。

ホテル内にコンビニとレストラン&カフェバーが1軒あるのみです。

KLIA2ターミナル内にはショップやスーパーも入っていますので、買って持ち込むのもアリだと思います。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)外観

ロビーの雰囲気

ロビーには世界各国の時間を表示している時計がありました。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)ロビー

チューンホテルはエアアジアの系列ですので、エアアジアのプラモデルも展示されていたり。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)ロビー

ホテルの中庭でビールを楽しみました♪

ホテル内に唯一あるレストラン「THE GLASSHOUSE」。

こちらは24時間営業しているそうです。オーダー毎にその都度会計するシステムになっていました。

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)バー-The Glass House

こちらがメニューです。ちなみにビールの値段は、

  • タイガービア(タワー):118RM++(約3,016円++)
  • タイガービア(1.3L、ピッチャー):58RM++(約1,508円++)
  • タイガービア(330ml):16RM++(約416円++)
  • ハイネケン(330ml):20RM++(約520円++)

となっています。(1RM=26円で計算)

余談ですが、マレーシアはアルコールが高く、今はリンギットが安いので日本円でもまぁまぁという価格ですが、円安になればかなり高く感じることでしょうね。

私がマレーシアに住んでいた2014年には1リンギット=34円超えにまで達していたので、その時であれば円では決済していないでしょうね。。^^;

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)バー-The Glass Houseメニュー

タイ・バンコクで合流した日本人の友人も、クアラルンプール経由で日本に戻る(エアアジア利用)ということでしたので、ホテルを同じにしました。

ビールをピッチャーで、さらに追加でグラスでもオーダーし、結局深夜2時くらいまで飲んでました(^^)

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)バー-The Glass Houseの雰囲気

その友人はマレーシア自体初めてだったようで、意外にも快適な気候に驚いていました。

タイは夜でも蒸し暑いのですが(2月の時期はそうでもないですけど)、マレーシアはより赤道に近いにも関わらず、タイほどでもなく涼しく過ごせますからね。

また、トランジットで宿泊するということも初めてだったようで(いつもは直行便のみ)、プチ滞在が出来るこういう使い方もあるということを知ったようでした(^^)

他にも、ストップオーバーをうまく利用して2カ国を楽しむなんてこともできますから、航空券は知れば知るほど奥が深いですが、便利な使い方で楽しい旅をしていきたいですねー♪

チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)バー-The Glass Houseの雰囲気

ちなみに、その友人にも陸マイラーとしてデビューしてもらいました(^O^)/

「目指せ年内10万マイル!」といつもプレッシャーをかけています(苦笑)

ANA-B787-800機体
このサイトでは、マイルの貯め方に関しての知識が全くない初心者の方でも、ポイントサイトの登録から実際にマイルを貯めていけるようになるまでの具体的な方法を、順序立てて解説しています。 解説している通りに実践して頂ければ、数ヶ月後にはANAマイル口座の残高がしっかりと増えていることが確認できるでしょう。...続きを読む

まとめ

クアラルンプールでのトランジットに便利な「チューンホテル(Tune Hotel KLIA2)」までのアクセスについて紹介しました。

KLIAエクスプレスの改札を出た後のKLIA2ターミナル内でのルートがわかりにくいですが、写真を参考にすれば無事たどり着けると思いますので、ぜひ参考にされてください。

関連記事

ANA-B787-800機体
このサイトでは、マイルの貯め方に関しての知識が全くない初心者の方でも、ポイントサイトの登録から実際にマイルを貯めていけるようになるまでの具体的な方法を、順序立てて解説しています。 解説している通りに実践して頂ければ、数ヶ月後にはANAマイル口座の残高がしっかりと増えていることが確認できるでしょう。...続きを読む
エアチャイナ871便搭乗
シリーズでSFC修行第2弾の修行記をレポートしています。前回の記事はこちら。SFC修行第2弾は、ANAプレミアムクラスで、福岡→東京 エアチャイナビジネスクラスで、羽田→北京経由→クアラルンプール タイ航空ビジネスクラスで、クアラルンプール⇔バンコク ANAビジネスクラ...続きを読む
タイ航空ボーイング747-400
2017年SFC修行にて、クアラルンプール=バンコク往復をタイ航空ビジネスクラスで予約したので、予約までの経緯やPP単価、ビジネスクラスで楽しみにしていることについてご紹介します。 クアラルンプール=バンコクをタイ航空ビジネスクラスで予約 ビジネスクラスで予約した経緯 もともとのSFC修行ルー...続きを読む
タイ航空ボーイング777ビジネスクラスシート
SFC修行第2弾の修行記をレポートしています。前回の記事はこちら。SFC修行第2弾は、ANAプレミアムクラスで、福岡→東京 エアチャイナビジネスクラスで、羽田→北京経由→クアラルンプール タイ航空ビジネスクラスで、クアラルンプール⇔バンコク ANAビジネスクラスで、クア...続きを読む
エアチャイナでSFC修行
2017年のSFC獲得に向けていろいろと情報収集していたら、ANA海外発券の航空券がかなり安くSFC修行に向いているようでしたので、それを使ってできるSFC修行プランを考えてみました。 ANA海外発券が意外にお得という事実 日本に住んでいる方であれば通常航空券を購入するのは、例えば、東京発シンガ...続きを読む
ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています