ANAからキャンセル保険「そらもよう」が登場!300円〜からキャンセル費用だけでなく欠航・遅延による追加費用まで補償してくれる

悪天候中のフライト

ANAからキャンセル保険「そらもよう」が発売されます。

悪天候による欠航のおそれがある場合等の理由で予約を取り消し・払い戻しした場合の取消手数料および払戻手数料だけでなく、搭乗予定便が欠航または大幅な遅延となった場合等に発生した追加費用までも補償してくれる内容になっています。

その内容について詳しく紹介します。


キャンセル保険「そらもよう」とは?

キャンセル保険「そらもよう」とは、悪天候による欠航のおそれがある場合等の理由で予約を取り消し・払い戻しした場合の取消手数料および払戻手数料や、悪天候等により搭乗予定便が欠航または大幅な遅延となった場合等の追加費用までも補償してくれる保険です。

発売日時は、2019年10月1日 11:00~です。

補償内容について

気になる補償内容ですが、大きく次の2つについて補償してくれます。

キャンセル費用補償

下記の事由に該当し、フライトの予約を取り消し・払い戻しした場合に発生する、取消手数料および払戻手数料を補償いたします。

キャンセル費用補償の事由
  • 悪天候による欠航の恐れ ※(搭乗日の5日前から3日前までに、悪天候により欠航する可能性が高いと日本気象協会により判断された場合(マイページにて表示))
  • 目的地におけるイベントの中止・延期
  • 急な業務出張(国内宿泊出張・海外出張)

払戻手数料・取消手数料についての詳細については公式ページを参照してほしいですが、よく購入されるであろう「ANA SUPER VALUE」の航空券での取消手数料は、搭乗日13日前~出発時刻前だと「運賃の約60%相当額」がかかります。

例えば、早めに押さえておいた1万円で購入した航空券をキャンセルすると、取消手数料で6000円かかり、加えて払戻手数料として430円の合計6430円が手数料としてかかることになります。これが保険に加入していれば補償してくれるということですね。

そして、目的地でのイベントが中止なり延期になったことでフライトをキャンセルした場合にも補償してくれるのは、なかなかありがたい内容ではないかと個人的には思います。

欠航・遅延費用補償

下記の事由により予定外に支出した費用(追加宿泊費用、追加交通費、追加食費および目的地にて提供を受ける予定であった予約済みサービス等の取消料)を補償。

欠航・遅延費用補償の事由
  • フライトの欠航 ※(機材故障等の航空会社の都合によるフライトの欠航・遅延が発生した場合は対象外
  • フライトの遅延(到着時刻から6時間以上の遅延) ※(機材故障等の航空会社の都合によるフライトの欠航・遅延が発生した場合は対象外
  • 公共交通機関の運休・2時間以上の遅延によるフライト変更 ※(6時間以上後または翌日の出発便への変更)

フライトごとに被保険者1名あたり、発生金額に関わらず「定額1万円」が補償されます。

旅先でフライトが悪天候により翌日に振替できたけど、さらに1泊追加で宿泊しなければならなくなった場合なんかには、非常に助かりますね。

保険加入可能な運賃

以下の運賃種類が「そらもよう」に加入可能です。

「そらもよう」申し込み可能な運賃種類
  • ANA VALUE PREMIUM 3(バリュープレミアム3)
  • ANA SUPER VALUE PREMIUM 28(スーパーバリュープレミアム28)
  • ANA VALUE 1(バリュー1)
  • ANA VALUE 3(バリュー3)
  • ANA SUPER VALUE 21(スーパーバリュー21)
  • ANA SUPER VALUE 28(スーパーバリュー28)
  • ANA SUPER VALUE 45(スーパーバリュー45)
  • ANA SUPER VALUE 55(スーパーバリュー55)
  • ANA SUPER VALUE 75(スーパーバリュー75)
  • ANA SUPER VALUE&JRきっぷ(スーパーバリュー75 JRきっぷ)
  • ANA SUPER VALUE SALE(スーパーバリューセール)

※特典航空券、「ANA SUPER VALUE EARLY(スーパーバリューアーリー)」、「ANA VALUE TRANSIT(バリュートランジット)」は除く

いずれの運賃種類でも八丈島発着便(全期間)は対象外となります。

また、ANAウェブサイト、ANA国内線予約・案内センターで購入した航空券に限るので、代理店などから購入した場合には保険には加入できません。

保険加入可能期間は購入タイミングで異なる

航空券を購入されたタイミングにより、保険の申し込み可能期間が異なります。

ANAキャンセル保険の購入可能期間
航空券の購入タイミング申し込み可能期間
搭乗日の63日以上前航空券購入日から搭乗日の55日前まで
搭乗日の14日~62日前航空券購入日からご購入日の7日後まで
搭乗日の7日~13日前航空券購入日から搭乗日の7日前まで

搭乗日の6日前以降に航空券を購入された場合は保険の申し込み対象外になります。

いずれの購入タイミングにしても、搭乗日ギリギリになってからは保険の申し込みはできませんので、搭乗日が悪天候になりやすい季節・地域であれば、保険加入もありでしょうね。


保険料は300円〜から加入可能

気になる保険料ですが、運賃の種類・運賃額・便区分により保険料が変動します。

「特定便」とは「沖縄発着便(7-10月)および北海道発着便(10-3月)」であり、「通常便」はそれ以外の便になります。

また、八丈島発着便(全期間)は対象外となります。

ANA VALUE(バリュー)をご予約の場合

運賃額通常特定便
15,000円以下300円650円
15,000円超、30,000円以下350円700円
30,000円超、40,000円以下400円750円
40,000円超450円800円

ANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)をご予約の場合

運賃額通常特定便
15,000円以下500円980円
15,000円超、30,000円以下700円1,380円
30,000円超、40,000円以下900円1,780円
40,000円超1,200円2,280円

やはり割安な「SUPER VALUE」の運賃は、保険料としては高くなりますね。

申し込みについて

申し込み方法

ANAウェブサイトで航空券購入後の購入完了画面および航空券予約確認画面から申し込み可能。

ANA国内線予約・案内センター、ANA国内線空港カウンター、各旅行会社では申し込み不可なので注意。

支払方法

クレジットカード(一括払い)のみ可能。

※銀行振込やコンビニでのお支払いは不可

発売日

2019年10月1日 11:00~

よくある質問はとても詳しいので一読をオススメ

これまでキャンセル保険「そらもよう」の概要について紹介してきましたが、保険引受会社である東京海上日動のよくある質問サイトの内容が非常に詳しいので、ぜひそちらもお読みいただくとより理解が深まると思います。

よくある質問

いくつか抜粋して補足しておきたいと思います。

悪天候における欠航のおそれについて。

Q:欠航予測期間を搭乗日の5日前~3日前に限定している理由を知りたい。
A:ANAによる運航状況の見通しは、最速で搭乗日の2日前からANAウェブサイトで発表されます。まだ運航状況の見通しが立っていない時期に早めに宿泊先なども含めてキャンセルされたいお客様のニーズに応えるため、搭乗日の5日前~3日前を予測の対象としています。

目的地におけるイベントの中止について。

地震とか噴火でのイベント中止は対象外なんですね。あくまで、事前にある程度予見できる悪天候による影響のみということですね。

Q:どんなイベントの中止でも補償されますか?
A:イベントとは、音楽、舞台、祭り、花火大会、展示・販売、会議、スポーツ観戦・競技会その他これらに類似の興行をいい、事前に日付指定された入場券、招待券、有料観覧席券、参加者証等を取得または予約していることが必要です。

Q:イベントが延期になった場合、キャンセル費用補償の対象になりますか?
A:搭乗先の目的地において補償対象者ご本人が参加予定のイベントが搭乗日までに中止または延期になった場合は、補償の対象となります(なお、地震や噴火によりイベントが中止・延期となった場合は、補償対象外となります。)。
ただし、中止または延期の発表までに事前にイベントの入場券等を取得または予約していたときに限り、かつ、その入場券等の有効期間内に行われるイベントが全て中止または延期となったときに限ります(有効期間が2日間の入場券の場合は、2日間ともイベントが中止または延期にならないと補償の対象となりません。)。

Q:イベントの入場券が、10/10と10/11の2日間入れるチケットです。10/10はイベント中止となり、10/11は開催されます。
目当てのアーティストが10/10出演でしたが中止になったので、イベント参加をやめて航空券をキャンセルしたいのですが、保険の対象になりますか?
A:日付指定された有効期間内に行われるイベントのすべてが中止または延期になった場合に保険の対象となります。このケースの場合、10/11のイベントは開催されるため、保険の対象になりません。

欠航・遅延費用補償について。

Q:不可抗力による欠航によりANAから払い戻しを受けた航空券代金よりも、代替の新幹線代が安かった場合、保険金は支払われますか?
A:お支払いできません。払い戻しを受けた航空券代金を超える追加交通費が発生した場合のみ保険金をお支払いいたします。

Q:搭乗便が台風により欠航となり、当初の搭乗便から5時間後の便に振り替えました。空港のカフェで待ち1,500円掛かったが、保険金請求できますか?
A:はい。搭乗便が不可抗力の事由で欠航となったことにより発生した追加費用は、保険金のお支払対象となります。

Q:欠航・遅延時にANAから追加費用の補償を受けたが、保険金も追加でもらえますか?
A:台風等の不可抗力による欠航・遅延で、ご自身が負担した追加交通費または追加宿泊費等がある場合のみ、保険金をお支払いいたします。

保険を解約する場合の返戻金について。

搭乗日まで15日以上の場合には全額返金されるが、それ以降は返還されないので注意が必要ですね。

Q:解約返戻金は全額返ってきますか?減額される場合はどう減額されますか?
A:解約日から搭乗日までの日数が15日以上の場合は全額返金いたしますが、14日以下の場合は保険料は返還いたしません。また、15日以上の場合でも一部保険金を既に支払っている場合は、その部分を差し引いて返金いたします。

Q:保険を解約する際、搭乗日から14日以内だと保険料返還されませんが、日数はどのように数えるのですか。例:10月17日が搭乗日だった場合。
A:解約日から解約する搭乗便の搭乗日までの日数を数えます。10月17日が搭乗日の場合、10月3日以降に保険を解約する場合は保険料が返還されません。

まとめ

ANAで、悪天候による欠航のおそれがある場合等の理由で予約を取り消し・払い戻しした場合の取消手数料および払戻手数料や、悪天候等により搭乗予定便が欠航または大幅な遅延となった場合等の追加費用までも補償してくれるキャンセル保険「そらもよう」が発売となります。

目的地でのイベントが中止や延期になったことでフライトをキャンセルした場合にも補償してくれたり、旅先でフライトが悪天候で翌日に延期になり、さらに1泊追加で宿泊しなければならなくなった場合なんかにも補償してくれるので、とても助かる内容になっていますね。

目的地でのイベント参加を目的に搭乗する場合なんかは特に、そのイベントに参加できなければ飛行機に乗る意味も無いでしょうから、そういったニーズには応えられそうな気もします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています