ANAの新サービス「Keep My Fare」とは?ユナイテッド航空のフェアロックとも比較してみました

ANA機体

ANAが2017年4月5日より「Keep My Fare」というサービスを開始しました。WEBサイトで検索時の料金内容を3日間保留してくれるというものです。

ユナイテッド航空にも同様の仕組みがありますので、そちらも一緒にご紹介したいと思います。


ANAの「Keep My Fare」とは?

ANAのサイトには、このように記載されています。

ANAウェブサイトから国際航空券をお申し込みの場合、ご予約・運賃を発券まで72時間確保できるサービスです。

想定しているケースとしては、

旅行の日程をまだ最終的に確定できないけど、ほぼこのようなスケジュールになりそうだから、席が埋まって料金が上がる前にひとまず押さえておきたいなぁ
一緒に旅行に行くみんなの予定がまだ最終的に決まってないけど、とりあえずこの内容で人数分予約しておきたいわ

といった、ある程度は旅行の内容が決まっているので航空券を購入したいけど、何らかの事情で最終的に確定していないのでまだ購入できない、でも、あと◯席と書いてあって無くなる前に念のため押さえておきたい、というニーズに対してのものかと思います。

会社に有給休暇取得申請出したけど上司が出張ですぐに承認してもらえないけど、ほぼ承認されるだろうし、この日程でこの料金で行けるなら購入したい、なんてニーズもあるかもしれませんね。

陸マイラーなんかで、特典航空券の空席待ちをしていた予約がOKとなったら旅行に行く、なんていうスタイルの方には、あまり関係のないサービスではありますかね^^;

直前になってムダに高い料金を払うハメになってしまうくらいなら押さえておきたい方には、有り難いサービスなんだと思います。

対象

ANAが運航するANA便名のみの旅程
(※日本国内線区間は他社が運航するコードシェア便も対象)

支払い方法

クレジットカード払いのみ

料金

申込サイトによって異っています。

料金は1名分ですので、複数人数で利用する場合には、1人あたりの料金×人数分がかかります。

申し込みサイト料金
日本サイト1,000円
ヨーロッパサイト7.50 ユーロ
カナダサイト10.00 カナダドル
その他10.00 米ドル

申込後の変更とキャンセルについて

申込後の、航空券購入前に旅程を変更することはできません(※予約変更可能な運賃で購入後であれば、予約変更に伴って差額が発生する場合は、追徴または払い戻しをするそうです)。

また、申込後の「Keep My Fare」料金の払い戻しはできません。

注意事項

予約後、購入期限までに支払いをしないと、予約は自動キャンセルになります。

また、ANAウェブサイト限定のサービスですので、旅行代理店などのサイトで航空券を購入する場合には利用できません。

「Keep My Fare」を決済ページで確認してみました

実際に、ANAのウェブサイトから適当に国際線航空券の購入を進めてみました。

決済ページまで行くと「支払い情報」の欄に、「Keep My Fareを利用する」というオプションが表示されています。

ANA-Keep My Fare

すると、クレジットカード情報の入力フォームが表示され、画面右側にある「お支払い額」欄にて今回は「1,000円」の支払いになることがわかります。

これで決済すると、予約と運賃を72時間確保できることになります。

その期限内であれば同じ内容で購入できますが、それを過ぎると自動的にキャンセルされます。

ユナイテッド航空にも同様の仕組み「フェアロック」があります

ユナイテッド航空

ANAの「Keep My Fare」と同様の仕組みが、ユナイテッド航空にもあり「フェアロック(FareLock)」 と呼ばれています。

概要

予約した運賃を3日間または7日間保留し、航空券の料金を後日支払うことができます。

これは、united.comでのみ利用できます。

対象

フェアロックは、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレスの一部のフライトで利用できます。

料金

5〜20米ドル(公式には確認できませんでしたので、確証はありません・・)

固定のANAとは違い、変動するようです。

申込後の変更とキャンセルについて

フェアロックで保留した予約は、航空券を購入してからでないと変更できません。

保留した予約の購入前にキャンセルする場合には、フェアロック料金の払い戻しはされません。

自動購入オプションに注意!!

ANAの場合では、期限内に購入しなかった場合には自動的にキャンセルされました。

しかしユナイテッド航空の場合は、フェアロック利用時に「自動購入オプション」を選択すると、保留した期間が満了すると同時に自動的に決済され、予約した航空券が購入されてしまいます。

もちろん、選択していなければ自動的に購入されることはありませんが、利用する際にはこの点にはかなり注意しましょう。

自動購入後に旅程を変更・キャンセルする場合は、ユナイテッド航空の 24時間フレックス予約ポリシーに基づいて、発券から24時間以内であれば全額払い戻しを受けることができます。

購入画面で確認してみます

ユナイテッド航空のウェブサイトから航空券の購入を進めて行くと、画面右側にフェアロックの料金が表示されています。

以下の例(成田⇔ホノルルの往復)では、

  • 3日間の保留:774円(7US$くらい?)
  • 7日間の保留:995円(9US$くらい?)

となっていました。

ユナイテッド航空-fare lock

通常購入の場合は「次へ」ボタンから進めますが、フェアロックを利用する場合にはこちらのボタンから進むことになります。

まとめ

ANAの予約と運賃を保留できるサービス「Keep My Fare」について、同様のユナイテッド航空の「フェアロック(FareLock)」と一緒にご紹介しました。

ANAの場合は3日間のみですが、ユナイテッド航空の場合は3日間または7日間を選択できます。

料金も、ANAの場合は固定(申込サイトによる)ですが、ユナイテッド航空の場合は変動します。

また、ユナイテッド航空では「自動購入オプション」がありますので、旅程が確定しない可能性が高い場合には選択しないほうが無難でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています