マイル還元率1%でANAマイルを直接貯められる「ANAのふるさと納税」って知ってますか?

ANAのふるさと納税でマイル獲得

ANAがふるさと納税のサイトを運営しているってご存知でしたか?今年2016年4月1日から始まったサービスなのですが、そのサイト経由でふるさと納税を行った場合の寄附特典が変更されたので、その内容についてご紹介します。


まずは「ふるさと納税」についておさらい

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、一定の上限はありますが、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。納税と言っていますが、実態は「寄附」と「税額控除」を組み合わせ制度と言えますね。

それと寄附したほとんどの自治体から、御礼として寄附額に応じて返礼品を貰えます。この返礼品が豪華で、各自治体が返戻品の豪華さを競うようになったこともあり、ふるさと納税が一気に盛り上がりましたね。

詳しいふるさと納税の仕組みや、ふるさと納税で全額控除される金額をシミュレーションする方法についても触れていますので、是非参考にされてください。

ふるさと納税
「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?そして既に実際に利用している人もいると思います。実はこの「ふるさと納税」でも、マイルを効率的に貯めることができるので、その方法について紹介していきます。 ふるさと納税の仕組み ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附を行...続きを読む

「ANAのふるさと納税」の寄附特典がSKYコインからマイルに変更

「ANAのふるさと納税」とは?

ANAのふるさと納税」では、北海道から沖縄県まで全国の自治体へのふるさと納税を扱っており、マイルだけではなく、自治体が設定した返礼品を受け取ることができます。

ANAのふるさと納税

スタート当初は取り扱い自治体も少なく、既存のふるさと納税サイトに比べると魅力に乏しい印象だったのですが、今は取り扱い自治体も増えてきていますね♪

「ANAのふるさと納税」で寄附特典がANAマイルに変更

これまでのANAのふるさと納税では、1寄付あたり100円分の「ANA SKY コイン」を付与していましたが、2016年11月1日より、寄附金額100円につき1マイルの付与に変更しました(マイルを受け取る場合はANAマイレージクラブ会員である必要があります)。

ANAのふるさと納税でマイル獲得

従来の「1寄附につき100円分のANA SKYコイン」では、正直なところ、全く魅力ありませんよね。。1万円でも5万円の寄附でも、貰える特典はたった100円分のSKYコインなわけですから。。

それが今回の変更で、寄附金額100円につき1マイルが付与されるようになり、マイル還元率は1%になりました!これであれば、寄付額に応じて還元マイル数も増えていくので、従来のような残念な感じではありませんね。

既存のポイントサイト経由でふるさと納税した場合と比較してみる

「ANAのふるさと納税」経由では、ANAが直接運営していることでマイル還元率は1%です。

他のふるさと納税サイトでも、ポイントサイト経由でポイントを獲得できますが、ソラチカルートでは0.9倍になりますので、獲得ポイントの0.9倍がマイル還元率として計算されます。

さて、現時点でポイントサイトに掲載されている、ふるさと納税関連の案件を調べてみましょう。

どこ得―ふるさと納税

最も高い還元率なのは、

  • ポイントインカム
  • えんためねっと

の2つが、「2%」のポイント還元率です。

えんためねっとは全自治体がポイント付与対象のようですが、ポイントインカムでは、

ポイントインカムふるさと納税条件

のように、ポイント付与対象となる自治体が決まっています。他のポイントサイトも同様で、自由に好きな自治体に寄附をして、ポイント還元を受けられるわけではないんですよね。残念。。

仮に対象の自治体にポイントインカム経由で「ふるなび」から寄附を行った場合は、2%×0.9倍=1.8%のマイル還元率となります。

他に、ちょびリッチGポイントでは1.5%ですので、1.5%×0.9倍=1.35%のマイル還元率になります。

個人的には、これらの自治体の中から選ぶことにそれほど不自由はありませんが、対象の自治体に入ってなくてANAのふるさと納税の中から選べるのであれば、ANAのふるさと納税サイトから寄附をすればマイル還元1%を受けられますので、今後はそういった使い分けになるかなと思います。

もちろん、クレジットカードで支払えばそちらでも通常は1%ほどは還元されますので、合計すれば2%以上のマイル還元率となります。

今年もあと2ヶ月ほどになりましたので、今年の所得を計算してみて、まだ活用されていない方はふるさと納税を大いに活用しましょう!

まとめ

「ANAのふるさと納税」で、寄附特典で100円につき1マイルを貰えるように変更となりました。クレジットカードで支払うこともできますので、実質2%のマイル還元率です。

一方、ポイントサイト経由でふるさと納税できるサイトは、現時点では「ふるなび」でしかもポイント付与対象となる自治体は予め決まっています。

その中から選べるのであれば、ちょびリッチGポイントでは1.35%のマイル還元率となり、クレジットカードと合わせると2.35%のマイル還元率になります。

参考までに、ANAワイドゴールドカード利用で、最大1.71%のポイント還元ができます。

マイ・ペイすリボ最低手数料設定方法
マイ・ペイすリボをどのように運用することで、「ANA VISAワイドゴールドカード」のマイル還元率を最大1.72%にまで高めることができるのか、その運用方法と注意点について解説していきます。 マイ・ペイすリボの設定と運用 仕組みをおさらい そもそもなぜマイ・ペイすリボを利用するのかと言うと、1...続きを読む

ふるさと納税は非常にお得な制度ですので、マイルの取りこぼしもないように、しっかりと活用していきましょう!

ちょびリッチの会員登録がまだの方はこちらからどうぞ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

Gポイントの会員登録がまだの方はこちらからどうぞ

Gポイント

関連記事

ふるさと納税
「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?そして既に実際に利用している人もいると思います。実はこの「ふるさと納税」でも、マイルを効率的に貯めることができるので、その方法について紹介していきます。 ふるさと納税の仕組み ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附を行...続きを読む
マイルを効率良く貯める仕組み
これを見れば非常にシンプルな、大量のANAマイルの貯め方を理解できます。 まずは固定概念を壊しましょう 「固定概念?マイルの貯め方じゃないの?」 そう思われた方、申し訳ありません。 何を隠そう私自身がそうだったのですが、固定概念があると実はマイルは貯まらないんです… その固定概念とは、 ...続きを読む
ソラチカカード
ANA陸マイラー活動をする上で、欠かすことのできない必須アイテム、「ANA ToMe CARD PASMO JCB(通称、ソラチカカード)」。 その魅力と特長、気になるポイントについてまとめてみました。 なぜソラチカカードが必要なのか? なぜこのソラチカカードが必須なのか、その理由についておさ...続きを読む
登録
Gポイントの登録手順について解説していきます。 新規会員登録から始める まずはこちらからGポイントのサイトにアクセスしてください。 こちらから登録いただくと「50pt」(電話認証完了後)がプレゼントされます!会員登録手順 会員登録は次の4つのSTEPがあります。 Step1.会員情...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています