2017年2月発券分よりANA&JALで燃油サーチャージが復活!SFC&JGC修行における注意点とは?

飛行機翼

2017年2月発券分より、ANAとJALで、日本発の国際線航空券で燃油サーチャージの徴収が始まることが発表されました。路線別のサーチャージ料金などまとめておきたいと思います。


燃油サーチャージの徴収はどのように決められるのか?

2016年4月から2017年1月発券分については燃油サーチャージの徴収はありませんでした。気になるのは、どういった基準で燃油サーチャージを徴収する/しないを決めているのでしょうか?

燃油サーチャージの徴収基準

ANAのサイトには以下のように説明されています。

  1. 原則として本運賃額を2ヶ月間固定とします。設定された2ヶ月間は航空燃料価格の動向により運賃額を変更することは致しません。なお、関係国政府の認可状況に応じた変更については、この限りではありません。
  2. 本運賃の改定指標となる航空燃料価格については、改定時点における直近2ケ月のシンガポールケロシン市場価格の平均を用いることとします。ただし、2015年4月以降分日本円の場合はその平均価格に同期間の為替レート平均を掛け合わせた価格を適用いたします。
  3. 日本発旅程はシンガポールケロシン市場価格の平均に同期間の為替レートの平均を掛け合わせた価格が6,000円を下回った場合、本運賃を適用いたしません。

あまり聞き慣れない「シンガポールケロシン市場価格」というものが出てきましたね。

シンガポールケロシンとは、シンガポールの市場で取引される燃油のことで、また、その価格の意味でも用いられます。「ケロシン(kerosene)」は石油から分留される成分であり、灯油やジェット燃料などの原料となっています。

シンガポールの市場におけるケロシン価格はアジアでのケロシン価格の基準として用いられているため、この価格を基準にANAやJALなど各航空会社は燃油サーチャージを徴収するかしないかを都度改定しています。

シンガポールケロシン市場価格価格推移

2014年から現在までの価格推移を見てみましょう。

シンガポールケシロン価格推移-2014年〜2016年

※クリックで拡大表示できます

2014年は120円前後で推移していて、2015年になる頃には70円前後で推移しています。そして2015年12月くらいには、基準と言われている60ドルを下回り始めていることが読み取れると思います。

直近1年間の推移も見てみましょう。

シンガポールケシロン価格推移-2016年

※クリックで拡大表示できます

40ドルを下回っていた時期もあって2016年4月以降から2017年1月末まで徴収が無かったのですが、2016年3月頃から徐々に上昇していますし、ドル円も円安に振れてきていますので、結果として基準を上回ることになり、徴収が再開したわけですね。

今回の改定では「2016年10月~11月の2ヶ月平均値」を基準にして計算した結果(10月から11月のシンガポールケロシンの市況価格は平均58.69米ドル、1米ドル106円)、基準の6,000円を上回ったので2017年2月1日〜3月末までの2ヶ月間に発券する航空券で徴収されますが、ケシロン価格が急落したり円高になったりして基準を下回れば、また徴収されないことになります。

2017年2月以降発券のANA&JALの燃油サーチャージ料金一覧

ANAの場合

ANA機体

まずANAの場合です。

旅行開始国が日本かそれ以外かで、燃油サーチャージの徴収額が変わります。(以下は、1旅客1区間片道当たりの金額です)

旅行開始国が日本の場合

路線徴収額
日本=欧州・北米(ハワイ除く)・中東・オセアニア3,500円
日本=ハワイ・インド・インドネシア2,000円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア1,500円
日本=ベトナム・グアム・サイパン・フィリピン1,000円
日本=中国・香港・台湾・マカオ500円
日本=韓国200円

ヨーロッパ往復だと往復7,000円、ハワイ往復で4,000円、シンガポール往復だと3,000円といった具合に、追加で徴収されることになります。

旅行開始国が日本以外の場合

路線右記以外
米国ドル
欧州で購入の場合(英国以外)
ユーロ
英国で購入の場合
英国ポンド
日本=欧州・北米(ハワイ除く)・中東・オセアニア適用なし適用なし適用なし
日本=ハワイ・インド・インドネシア適用なし適用なし適用なし
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア適用なし適用なし適用なし
日本=ベトナム・グアム・サイパン・フィリピン適用なし適用なし適用なし
日本=中国・香港・台湾・マカオ適用なし適用なし適用なし
日本=韓国適用なし適用なし適用なし

旅行開始国が日本以外の場合には、燃油サーチャージの適用がありません。

したがって、海外発券は燃油サーチャージが徴収されないことになります。

JALの場合

JAL機体

次にJALの場合です。基本的にANAと変わりません。路線が多少異なるだけで、エリアとしての徴収額は一緒ですね。

旅行開始国が日本かそれ以外かで、燃油サーチャージの徴収額が変わります。(以下は、1旅客1区間片道当たりの金額です)

旅行開始国が日本の場合

路線徴収額
日本=北米・欧州・中東・オセアニア3,500円
日本=インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ2,000円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア1,500円
日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム1,000円
日本=中国・台湾・香港500円
日本=韓国・極東ロシア200円

旅行開始国が日本以外の場合

路線徴収額
日本=北米・欧州・中東・オセアニア徴収なし
日本=インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ
日本=タイ・シンガポール・マレーシア
日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム
日本=中国・台湾・香港
日本=韓国・極東ロシア

SFC修行&JGC修行における注意点とは?

今回の改定を端的に言えば、「日本発着の国際線航空券で燃油サーチャージが徴収される」ということです。

言い換えると、

  • 国内線は徴収されない
  • 海外発券の航空券は徴収されない

ということでもあります。

まぁ、そもそも国内線では燃油サーチャージを徴収することはありません。基本的には、燃料コストの変動は運賃内で調整されているためで、別途諸経費という形では徴収していないんですよね(国内線の運賃は事後の届け出制であることも関係しているそうです)。

また、今回の改定では、ANAと、JALともに海外発の航空券では燃油サーチャージの調整はありませんでした。ということで、海外発券は単価的には変わらずに修行に使えることになりますね。

国内線を主体としてSFC修行される方はこちらを参考にしてください。

フライト
福岡から羽田行きのフライトはドル箱路線なので、運賃は割高な印象です。来年2017年SFC修行で福岡発羽田行きのフライトを既に予約しているのですが、「もしかして成田便にしたら安い・・?」と思い立ち調べたところ、かなり使えそうだということがわかりましたので、ご紹介します。 地方在住者は観光オフシーズン...続きを読む
ANA787C
今年ももうあと2ヶ月切りましたねー。あっという間な2016年だったように思います。ということは、間もなく2017年SFC修行が始まるのですが、比較的プレミアムポイント(PP)単価の低くなる成田空港を中心とした国内線で、しかもプレミアムクラスを利用した場合の獲得プレミアムポイントとその単価を計算してみ...続きを読む
ANAマイルを貯める
ありがたいことに読者の方から質問をいただき、「宮崎在住なんですが国内線オンリーで修行するにはどうするのが良いのか?」という質問をいただきまして、いろいろとルートを考えてみたので、その内容についてご紹介したいと思います。 まずは宮崎発着の路線・時刻表を調べる まず最初は、宮崎空港からどこに路線が設...続きを読む

国際線を主体にSFC修行される方はこちらを参考にしてください。

エアチャイナでSFC修行
2017年のSFC獲得に向けていろいろと情報収集していたら、ANA海外発券の航空券がかなり安くSFC修行に向いているようでしたので、それを使ってできるSFC修行プランを考えてみました。 ANA海外発券が意外にお得という事実 日本に住んでいる方であれば通常航空券を購入するのは、例えば、東京発シンガ...続きを読む
ANA787ビジネスクラスシート
来年2017年から始めるSFC修行のルートについて、ビジネスクラスでもPP単価的に全然問題ないルートがあることが判明したので、修行ルートをどうしようかいろいろと悩んでいます。そのいきさつについて、今回は書いてみたいと思います。 第1回目のSFC修行ルートは海外旅作シンガポールプレエコ往復で確定済 ...続きを読む

ただ、日本発着路線は燃油サーチャージが加算されるため、早めに発券するようにされたほうが良いですね。特に以下のルートは注意してください。

シンガポールのマリーナベイサンズとマーライオン
2017年1月以降の旅割予約が開始されたことで、2017年から始めるSFC修行のルートを検討していたのですが、その第1弾が確定したのでご紹介します。 SFC修行のおける私の前提条件 まず前提として、私がどのような基準でルート選定しているか?ですが、現在は福岡市在住 自営のため比較的...続きを読む
ANA Boeing 747
海外旅作でシンガポールとかバンコク、シドニーあたりをプレミアムエコノミーで往復するルートが、大量プレミアムポイント(PP)を獲得できる方法としてオススメでした。しかし、よくよく価格を見ていくと2017年4月以降はSFC修行ルートには全く向かない価格になっていましたので、その詳細についてご紹介しておき...続きを読む
オーストラリア-シドニー
2017年4月以降のシドニープレエコ往復運賃がかなり安くなっており、1回の旅程で25,000PP超え、PP単価も7円台になり、SFC修行にかなりオススメできるルートになっています。その詳細についてご紹介します。 偶然にも発見したシドニープレエコが格安になっている件2017年4月以降の海外旅...続きを読む

まとめ

ANAとJALで、2017年2月1日〜3月末までに発券する日本発着の国際線航空券で燃油サーチャージの徴収が再開しました。往復で最大7,000円となります。ただ、海外発券分は適用外ですので、気にせず購入することができます。

SFCやJGC修行を行う方で、日本発着の国際線に搭乗を予定している方は、2017年1月末までに購入するようにしたほうが良いですね。

関連記事

スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む
ANA飛行機
2016年もあと4ヶ月ほどになりました。私も含め2017年にSFC修行を始めようとしている人は、そろそろ予約など動き出す頃だと思います。今回はSFC修行するにあたり、どうやって行うのが費用と時間の面で効率的なのか、その方法をまとめてみました。 1プレミアムポイントの取得単価で良し悪しを判断 SF...続きを読む
ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む
ANAプレミアムクラス787シート
今年ももうあと2ヶ月ちょっとで2017年を迎えます。ということは、、、SFC獲得に向けて新たに修行僧が動き出すことになります(私もその1人)。早い人は予約などもう済ませていると思いますが、PP単価的に効率的な路線はすぐに予約済となってしまい、なかなか自分のスケジュールに合うように予約できなかったりし...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています