デルタ航空日本国内線500マイルボーナスでANAスキップサービスのピンク色「ご搭乗案内」でスカイマイルは付与されるのか?検証してみました

デルタ航空「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」申請

デルタ航空の太っ腹企画と言えば、「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」ですよね。どの航空会社でも日本国内線搭乗で片道500スカイマイルを付与するというものです。

ANAのSkipサービス利用時には搭乗券が発券されず、搭乗ゲートで発券される「ご搭乗案内」しかないのですが、利用規約ではNGと書いてある「搭乗案内書」でこのキャンペーンに適用されるか検証してみました。


デルタ航空の「ニッポン500マイルボーナス」とは?

デルタ航空のHPに詳しく記載されています。

ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン

すべての日本国内線が対象で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルをもらえます。日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問わないので、SFC・JGC修行で乗ろうがLCCで乗った分であろうが、国内線であればすべて対象になります。

対象となる旅行期間

2016年4月01日-2017年3月31日

現時点では、この期間に搭乗したフライトがボーナスマイルの対象になります。

[2017.4.1追記]==================

このキャンペーンが延長され、

2017年4月1日から2018年3月31日搭乗分

が対象となりました。国内線に搭乗した際には忘れずに申請しましょう。

=============================

獲得できる最大ボーナスマイル

片道フライトにつき500スカイマイルを獲得できることは変わらないのですが、会員区分によってその獲得上限が異なります。

  • スカイマイル・メダリオン会員:最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで
  • スカイマイル一般会員:最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)まで

「ご旅行が終わってから 2ヵ月以内に送付してください。」とありますので、旅行が終わったら、すぐに申請するようにしましょう。

申請方法

ニッポン500ボーナスマイルキャンペーンのマイル加算申請フォームと、条件を満たす搭乗券(半券)をデルタ航空まで送ります。

FAXで送る方法と、郵送する方法がありますが、郵送先は香港で国際郵便になり手間も時間もかかりますので、FAXで送信するのが便利ですね。コンビニで1通50円です。

利用規約を読むとANAの「ご搭乗案内」は対象外ではないのか・・・?

キャンペーン申請時に提出する搭乗券の注意事項

キャンペーンページにはこのように記載されています。

チェックイン時、もしくは搭乗ゲートにて、搭乗券・搭乗半券が発行される場合は、搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されていても「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外となります。その場合は、必ず搭乗券・搭乗半券を添付してください。搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に各航空会社から発行されるもの(搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている「お客様控え」など)でも代用が可能です。

搭乗を確認できるものとして、基本的には「搭乗券・搭乗半券」としています。

「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外”と記載されていますね。

ANAのスキップサービス利用では搭乗券が発券されない

スキップサービスは便利ですよね。使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

しかしこのサービスでは、有人チェックインカウンターでのチェックイン時には2次元バーコードをかざすだけで搭乗券は発券されません(自動チェックイン機では搭乗券が発券されます)。

そして2016年12月1日から搭乗口で、こうしたピンク色の「ご搭乗案内」が発行されるようになりました(詳細はANAサイトへ)。

ANAご搭乗案内用紙

それまでは、保安検査時に発券される「ご搭乗案内」1枚だけだったのですが、新千歳空港での保安検査すり抜け事故があってから、以下のように運用方法が変更されました。

  • 保安検査通過時→保安検査証(黄色)
  • 搭乗口→ご搭乗案内(ピンク色)

このピンク色の用紙は「ご搭乗案内」なので、規約ではボーナスマイル対象外になっている「搭乗案内書」に該当するのかなと思いますが、果たしてどうなるのでしょうか?

搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に各航空会社から発行されるもの(搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている「お客様控え」など)でも代用が可能”とも記載がありますが、この「ご搭乗案内」で認められるのか、気になるところです。

実際に「ご搭乗案内」で申請してみました

2017年SFC修行第1弾として、国内線区間に4回搭乗しました。

ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む
  • 2017年1月6日:福岡→沖縄(那覇)
  • 2017年1月6日:沖縄(那覇)→成田
  • 2017年1月9日:羽田→沖縄(那覇)
  • 2017年1月10日:沖縄(那覇)→福岡

福岡=沖縄間(往復)はプレミアムクラスでの搭乗でしたので、プレミアムチェックインカウンターにてスキップサービスでチェックイン手続きをしているので、搭乗券の発券はありませんでした。

ですので、その区間は「ご搭乗案内」で申請してみました。

デルタ航空「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」申請1

コピーして貼り付ける前のご搭乗案内です。

ANAご搭乗案内用紙

こちらは、通常の搭乗券を貼り付けての申請です。記入ミスなど無ければ、問題ないはずですね。

デルタ航空「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」申請2

コピーして貼り付ける前の搭乗券です。

ANA搭乗券

あとはコンビニに行って、FAX送信しました。

日本語記入は無効

すべてローマ字/英数字でご記入ください。日本語での記載、もしくは情報に不備があるボーナスマイル加算申請フォームは無効となります。”と規約に書いてありますので、申請フォームはローマ字/英数字で記入しましょう。

ちなみに、1枚目の送信は問題なくスムーズにいったのですが、2枚目からは立て続けに送信失敗したんですよね…(T_T)

FAX番号は2つ記載されているのですが、最初の番号から変えてもダメで、仕方なく違うコンビニに行ってFAX送信しました。送信結果が「エラー(話中)」と出るのですが、修行僧によって混雑しているのでしょうかね…


無事、「ご搭乗案内」でボーナスマイル獲得できました!

規約ページには「ボーナスマイル加算申請フォームを受領後、6 週間から 8 週間後にスカイマイル会員口座にボーナスマイルを加算します。」とあるので、気長に待っていました。

FAX送信したのは1月12日夜だったのですが、ふとデルタ航空のアカウントページを見ると、ボーナスマイルが加算されていました!なんと4営業日ほどで承認ということになりました。

デルタ航空「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」適用

 無事、ピンク色の「ご搭乗案内」でも、ボーナスマイルの対象になることが確認できましたね!

まとめ

2017年3月31日まで開催中の「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」ですが、ANAのスキップサービス利用時には搭乗券が発券されないので搭乗口で発券される「ご搭乗案内」で申請したところ、無事ボーナスマイルを獲得することができました。

デルタ航空のスカイマイルは使い道に困ることが多いのですが、マイルの有効期限はありませんので、こういったキャンペーンで貯めていって、どこか近場のアジアとかで片道分でも発券できたらラッキーですね。

せっかくの太っ腹企画ですので、取りこぼしなくマイルを貯めておきましょう!

関連記事

ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む
シンガポールの朝焼け
2017年から始めるSFC修行の第1弾は、海外旅作で発券した沖縄発着のプレエコで行くシンガポール往復です。その旅程が最終的に決定しましたので、獲得できるプレミアムポイント(PP)の内訳や、最終的に旅程が確定するまでの経緯についてご紹介したいと思います。 2017年SFC修行第1弾は海外旅作の沖縄発...続きを読む


ANA海外旅作の価格が一目瞭然!






ANA海外旅作の価格一覧を一覧で見れるページを作成しました。
どの日程がPP単価が良いのか?安いのか?など一覧の中から見つけることができます。
SFC修行や旅行の計画に活用ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています