ふるさと納税でANAマイルを貯める方法ーやらなきゃ損しかありません

ふるさと納税

「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?そして既に実際に利用している人もいると思います。実はこの「ふるさと納税」でも、マイルを効率的に貯めることができるので、その方法について紹介していきます。


ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、一定の上限はありますが、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。納税と言っていますが、実態は「寄附」と「税額控除」を組み合わせ制度と言えますね。

それと寄附したほとんどの自治体から、御礼として寄附額に応じて返礼品を貰えます。この返礼品が豪華なので、ふるさと納税が一気に盛り上がりました。

ふるさと納税の特徴

お礼の品がもらえます!
「ふるさと納税」をすると寄付の御礼として、工芸品や地域の特産品などの返礼品がもらえます

自分の生まれた故郷でなくてOK!
”ふるさと”とついているので誤解されがちですが、ふるさと納税の寄附をする自治体は生まれ故郷でなくて大丈夫なのです

税金が控除される!
例えば4万円寄附をすると、3万8千円の税金が控除されます(※個人によって異なります)

使い道を指定できる!
寄附する際に税金の使途を指定することができます

複数の自治体から選べる!
複数の自治体に寄附をすることができます

控除額計算の仕組み

いくらの控除額となるのかは個々人の状況によりかなり異なるのですが、仕組みとしては以下の計算で決まります。

ふるさと納税計算の仕組み

(「ふるさと納税の仕組み | 総務省 ふるさと納税ポータル」より)

図を見ていただくと分かる通り、寄附金合計額から自己負担分の2,000円を引いた額が控除額となり、所得税から引かれる分と住民税から引かれる分とに分かれます。

それぞれの控除額は、以下のように計算されます。

①所得税からの控除(ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
②住民税からの控除(基本分)(ふるさと納税額-2,000円)×10%
③住民税からの控除(控除分)(ふるさと納税額-2,000円)×(90%-所得税の税率)
※この金額が、住民税所得割額の2割を超える場合は、特例分は「(住民税所得割額)×20%」となる

ただ闇雲に寄附をしても控除される上限は決まっていますので、自分の場合ならいったいいくら寄付するのが最適なのか、ある程度の目安を知りたいですよね?自分で計算するのはちょっと面倒ですから、そういう場合にはシミュレーションを活用しましょう!

ふるさと納税控除の目安

こちらのサイトでは、簡易版と詳細版を用意しているので、ご自分の状況を入力して目安を把握しておきましょう。

サラリーマンだけでなく自営業の人も今から活用すべき

気づけば、2016年もすでに半分が過ぎてしまいましたね(汗)。

サラリーマンの方であれば給与額がある程度決まっていますので、寄附額の目安を計算しやすく、ふるさと納税を活用しやすいです。

しかし、自営業の方などであれば、収入がいくらになるのかまだ年末までハッキリと決まらないので寄附額を決められないという事情があるとは思いますが、12月にまとめてふるさと納税を活用しようとしても自分が欲しいと思える返戻品がなければ、活用するモチベーションも下がってしまうでしょう。

そうであれば、半分過ぎたいまの収入状況を目安に、1度ふるさと納税をしてみるのも悪くはないと思います。

1回で控除額の目安分をすべて寄附する必要はなく、少額(5,000円程度〜)から寄附できますので、あまりに負担に感じることなく始められると思います。

どれだけお得なのか計算してみます

個々人の状況によって控除額が異なるので、モデルケースで考えてみましょう。

専業主婦の奥様と、中学校1人、小学生1人の子供を持つ、年収(税込)600万円の男性のケースで考えてみましょう。先ほど紹介した、シミュレーションサイトの簡易版のほうで計算してみるとこのようになりました。

ふるさと納税控除額シミュレーション

シミュレーションの結果、自己負担2,000円となる寄附の上限は「102,000円」となりました。つまり、「102,000円」を自分の選んだ自治体に寄附することで、自己負担分2,000円を引いた10万円が所得税と住民税から控除されるということになります。

もちろんこれで終わってしまっては、ただ2,000円損しただけですが、寄附した先の自治体から御礼として返礼品がもらえるという特徴があるので、実質2,000円の自己負担で寄付額に相当する返礼品を貰える制度ということが言えます。

 

どれくらいの返礼品がもらえるのか見てみましょう。

これまで紹介してきたシミュレーションサイトは「さとふる」というふるさと納税を検索できるサイトの1つですが、そこで検索してみましょう。左側にフィルタがあるので、価格を「10,000~19,999円」、カテゴリを「米・麺類」にチェックを入れ、「レビュー評価順」で並び替えたものです。以下のような検索結果となりました。

ふるさと納税返礼品

お米は日常的に消費するし腐りやすいものでもなくいくらあっても困らないものの1つで、ふるさと納税ではいつも人気商品の上位にあります。

1番目に表示されたのが「つや姫セット(5kg×2袋)」ですね。長崎県時津町に10,000円を寄付する際にこの品を選ぶと、後日自宅にこの品が配送されてきます。価格.comで調べると長崎県産のつや姫10kgは「5,100円」で販売されていました

3番目に表示されているのは「佐賀県産夢しずく」ですが、こちらは同じ10,000円の寄附でも15kgのお米を返礼品としてもらえます。育ち盛りの子供が多い家庭ではきっと大助かりではないでしょうか。

こういう形で、先ほどのモデルケースでは合計「102,000円」まで寄付していけるわけですが、自己負担はたったの2,000円で済んでしまうということなのです。

仮に1番目の長崎県時津町にふるさと納税を10回繰り返して合計10万円分寄附すると、100kgものお米をたった2,000円で手に入れているのと同じことになります。普通に購入すれば約51,000円とのことなので、あえて金額換算すれば約49,000円分得したということになります。

自分の応援したい自治体に寄附できるだけでなく、金銭的なメリットも十分にありますし返礼品を選ぶ楽しみもあって、活用している人はどんどん増えてきています。

陸マイラーならポイントサイト経由でふるさと納税を申し込もう

ここまでならふるさと納税について紹介しただけになってしまうのですが、我々陸マイラーはやはりマイルを貯められないものか?と気になるところです。「さとふる」のようなふるさと納税比較サイトは数多くあり、サイト間での競争も激しくなってきています。ですので、ポイントサイトにも案件として登録されているものがあります。

以下のポイントサイトで検索してみます。

ハピタス

ハピタスふるさと納税

ポイントタウン

ポイントタウンふるさと納税

ゲットマネー

ゲットマネーふるさと納税

げん玉

げん玉ふるさと納税

現状では、「さとふる」と「ふるなび」が登録されていますね。「さとふる」は1回の寄附で300円相当のポイント還元、「ふるなび」はハピタス経由だと寄附額の1.4%相当をポイント還元していますので、1回で20,000円以上の寄附をする場合には「ふるなび」経由のほうが獲得ポイントは大きくなります。

また自治体によってはクレジットカードで寄付をすることが可能ですので、そこでもマイルを獲得することが可能です。

例えば、さとふる経由で1万円分の寄附をクレジットカードで行ったとすると、ポイントとして300円相当、クレジットカードの還元率を1%とすると100円相当のポイントが得られますので、合計すると400円相当になります。これを5回繰り返せば2,000円ですので、自己負担分さえも超えてきます。もはやタダで返礼品をもらっていると言っても過言ではないですね。

[2016.11.3追記]

ポイントサイト経由でふるさと納税を行えるふるさと納税サイトも現状は「ふるなび」だけとなり、しかもポイント付与対象となる自治体は予め決まっていて、不自由に感じる方もいると思います。

しかし、「ANAのふるさと納税」では寄附特典として100円につき1マイルの付与されるようになり、ポイントサイト経由でポイントを獲得できなかった自治体でも「ANAのふるさと納税」では直接ANAからマイルを獲得できるようになりました。

その仕組みについてはこちらで詳しく解説しています。

ANAのふるさと納税でマイル獲得
ANAがふるさと納税のサイトを運営しているってご存知でしたか?今年2016年4月1日から始まったサービスなのですが、そのサイト経由でふるさと納税を行った場合の寄附特典が変更されたので、その内容についてご紹介します。 まずは「ふるさと納税」についておさらい ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄...続きを読む

まとめ

日常の中にポイント還元される仕組みはホントにたくさんあります。誰にでも利用できる仕組みですので、知っているか知らないかの差があるだけです。

ポイントサイトを使いこなして、日常の生活をより楽しいものにしていきましょう!そしてマイルを貯めてフライトも楽しみましょう!

普段の生活でマイルを貯めるならこちらの外食モニター案件がオススメですが、他にも大量ポイントを獲得できる方法がありますので、チェックしてみてください。

外食モニター案件でANAマイルを貯める
陸マイラーにとって最強の裏ワザ的案件、それが外食モニター案件。毎月安定的にマイルを獲得するためには欠かすことのできない案件ですので、その仕組みと注意点について解説していきます。 毎月安定的にマイルを貯められる鉄板案件 クレジットカード発行案件やFX案件などは初回限定ということがネックですよね。陸...続きを読む
幹事で大量ポイント獲得
ポイントタウンのサービスの1つに、「ぐるポタ」というサービスがあります。宴会などの幹事をする機会がある人には絶対に逃してはならないです。 ぐるポタとは何か? 「ぐるポタ」はポイントタウンの、「おでかけで貯める」→「お食事で貯める」メニューにあります。簡単に言うと、クーポン取得&クーポンI...続きを読む
100%ポイント還元商品
100%ポイント還元商品はリスク無く安定的にポイントを貯められる方法の1つです。ポイント獲得条件はしっかりと確認しておきましょう。そして、定価からの割引商品は狙い目です。 100%ポイント還元商品とは? 100%ポイント還元商品とは、その名の通り、商品金額の100%分をポイントとして還元される商...続きを読む


ANA海外旅作の価格が一目瞭然!






ANA海外旅作の価格一覧を一覧で見れるページを作成しました。
どの日程がPP単価が良いのか?安いのか?など一覧の中から見つけることができます。
SFC修行や旅行の計画に活用ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています