【ラウンジ体験レポート】バンコク・スワンナプーム空港「エバー航空ラウンジ」|綺羅びやかな内装で食事も美味しくシャワーもある便利なラウンジ

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)

タイ航空でバンコク・スワンナプーム国際空港からミュンヘンに向かう際に、エバー航空の「EVA Air Lounge(エバー航空ラウンジ)」を利用しました。

初めてこのラウンジを体験したのですが、今回はそのレポートをしたいと思います。


エバー航空ラウンジ@バンコク・スワンナプーム国際空港

まずこのラウンジの入室条件や営業時間、場所を確認しておきましょう。

入室条件

エバー航空はスターアライアンスに加盟していますので、スターアライアンスゴールドメンバーとしてスターアライアンス加盟航空会社便に搭乗する際に利用できます。

スーパーフライヤーズカード(SFC)を持っているとスターアライアンスゴールドメンバーになれますので、エバー航空以外のスターアライアンス加盟航空会社便のエコノミークラスに搭乗する際に利用することができます。

詳しいSFCの説明についてはこちら↓

スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む

営業時間&ロケーション

このラウンジは、毎日6:00〜2:00(土は2:30)の時間で営業しています。

出国審査を抜けた出発階は4階なのですが、そこからエレベーターで下りた3階にラウンジはあります。

ラウンジのコンコースは「F」になります。

エバー航空ラウンジ(スワンナプーム国際空港)

搭乗ゲートがA〜Cなど空港の反対側にある場合には、空港内の移動に非常に時間がかかりますので(端(A/B/Cエリア)から端(E/F/Gエリア)まで歩いて約15~20分くらい)、利用する際は搭乗ゲートとの兼ね合いで利用するほうが安全です。

エントランス

コンコースFを進んでいくと、こんなエバー航空ラウンジの入り口を見つけることができると思います。

スワンナプーム国際空港(バンコク)-エバー航空ラウンジ-エントランス スワンナプーム国際空港(バンコク)-エバー航空ラウンジ-エントランス

それでは早速、ラウンジ内の様子をご紹介していきたいと思います。

綺羅びやかな雰囲気のラウンジ内装

ラウンジ内のマップ。

青い部分がエントランスエリア。

枠内の色が塗られていないエリア(背景色でもある茶色部分)にソファー席があります。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

ラウンジに入った時はおそらく22時半くらいだったと思いますが、全体で3割ほど埋まっている感じでしたね。

満席で100人くらいは入れるくらいの広さがあります。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

内装は豪華というか綺羅びやかな雰囲気。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

ソファーはゆったり座れて寛げる感じですね。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

中央には光ファイバー?みたいなもので、色を次々に変化させていく独特の照明がありました。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子 エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子 エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

通路も広くて移動しやすい設計ですね。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

エントランス近くにマッサージチェアーもあります。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-室内の様子

食事メニューは種類豊富でかなり充実

次は食べ物を紹介します。

メニューとしては、お腹をしっかり満たせるものから軽くつまめるものまで豊富に揃っています。

こちらはご飯物のフライドライス。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

やはり中華系の航空会社ですね、シューマイとか肉まんなんかもありました。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

上の写真の右上にある鍋に入っているのがおかゆ。

自分で薬味なんかを入れて味を調整することができます。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

サンドイッチも種類豊富。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容 エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

ピザとかチキンウィング、ほかにパイなんかもありました。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容 エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

サラダはビュッフェスタイルではなく、小皿に入ったものが用意されているだけでした。

それと、ラウンジでは初めて見ましたが、ココナッツの身を割ってそのまま飲むココナッツジュース。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

あとはアイスクリームも置いてありました。

けっこう食べている人がいましたねー。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事内容

ビールサーバーありのラウンジ内のアルコール類

続いては飲み物。

ビールサーバーがあって、それはハイネケンビールでしたね。

ハイネケンのグラスが氷の中に置かれて冷やされています。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-アルコール&ドリンク内容

ワインは1種類ずつで、ウィスキーは2種類、他にスピリッツとリキュールが少し。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-アルコール&ドリンク内容

コーヒーはサーバーがあって、自分で挽きたてを淹れることができます。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-アルコール&ドリンク内容

他のソフトドリンク類は冷蔵庫に入っています。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-アルコール&ドリンク内容

ペットボトルタイプのミネラルウォーターは、スターアライアンス系のラウンジだとここだけしか置いてないように思います。(タイ航空のロイヤルシルク、シンガポール航空のシルバークリスにもありませんでした)

プライオリティパスで入れる「Miracle Lounge」にはありますね。

このラウンジの後にどこにも寄らないのであれば、ここでミネラルウォーターをゲットしておいたほうが良いかなと思います。

今回は成田からバンコクまでのフライト(タイ航空)でけっこう食べたので、これがもう限界…

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-食事

でもスープもチキンウィングもとても美味しかったですね〜♪これはまた食べたい!

ロクシタンが置かれた十分な広さのシャワールーム

さて、このエバー航空ラウンジにはシャワールームも用意されています。

エントランス脇の奥にトイレがあるのですが、そこにシャワールームがあります。

受付でシャワーを利用したい旨を伝えると、混んでいる場合には札を渡されるので、自分の番が来たらスタッフが呼びに来てくれます。

室内はシャワーと洗面台、トイレもありけっこうな広さがあります。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

トイレはシャワー付きトイレでしたね。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

お湯の出や温度も問題ありませんでした。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

シャンプーなどアメニティはロクシタンが置いてありました。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

ハンドウォッシュなどもロクシタン。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

タオルは1枚ずつビニールに梱包されていて、とても清潔感がありますね。

エバー航空ラウンジ-スワンナプーム国際空港(バンコク)-シャワールーム

まとめ

バンコク・スワンナプーム国際空港にある「エバー航空ラウンジ」について紹介しました。

広々とした室内にゆったりと腰掛けられるソファーが多数配置され、美味しい食事が豊富に用意されています。

また広くて快適なシャワールームがあり、深夜便の搭乗前なんかにはとても重宝するラウンジだと思います。

エバー航空はスターアライアンスに加盟していますので、スターアライアンスゴールドメンバーとしてスターアライアンス加盟航空会社便に搭乗する際に利用できます。

注意点としては、ラウンジの場所がコンコースFですので、搭乗ゲートがA/B/C側にある場合にはそちらに移動するまでかなり時間がかかりますので、時間に余裕を持った利用をオススメします。

関連記事

タイ航空ロイヤルオーキッドスパ入り口
SFC修行でバンコクからクアラルンプールへのフライトで、タイ航空ビジネスクラスを利用しました。 スワンナプーム空港では、ロイヤルオーキッドスパ&ロイヤルシルクラウンジを利用しましたので、その体験レポートをしたいと思います。 タイ航空ロイヤルオーキッドスパ(Royal Orchid Spa)を初め...続きを読む
スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む

プライオリティパスがあれば、スワンナプーム国際空港ではこちらも入れます。

スワンナプーム空港-オマーン航空ラウンジエントランス
バンコク・スワンナプーム空港利用時に、プライオリティパスでオマーン航空ラウンジを利用しました。 初めてこのラウンジを体験したのですが、そのレポートをしたいと思います。 プライオリティパスとは? プライオリティパスについてはご存知の方も多いと思いますが、2017年3月現在、世界130か国500都...続きを読む
AIR FRANCE - KLM SKYLOUNGE-ラウンジ内の様子
バンコク・スワンナプーム空港からシンガポールに向かう際に「AIR FRANCE - KLM SKYLOUNGE(エールフランス&KLMスカイラウンジ)」を利用しました。 搭乗便はLCCのスクートを利用したのですが、プライオリティパスを持っていると航空会社に関係なくこういう場合でも利用することができ...続きを読む
プライオリティパス(PriorityPass)
世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス(Priority Pass)。これからSFC修行される方であればまだラウンジなど利用出来ないので、空港で搭乗までの時間を持て余すこともあると思いますが、このプライオリティパスがあるとラウンジで搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。そんなプライ...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています