函館・五稜郭の桜をタワーの展望台や散策、そしてマサラカリスの無水カレーは絶品だった

函館・五稜郭の桜を見に函館へ行ってきました。今回は写真多めの記事になっています。

羽田から函館までのフライトの様子はこちらの記事をどうぞ。

ANA555(羽田-函館)-A321プレミアムクラス搭乗レビュー
昨年は奈良の吉野山に桜を見に行ったのですが、今年は函館・五稜郭の桜を見に行こうと思い函館に行ってきました。 まず今回の記事では羽田から函館へのフライトの様子を紹介したいと思います。 プレミアムクラスへの直前アップグレードに成功! 今回は予め特典航空券にて往復を予約。ローシーズンの適用になる...続きを読む

函館市電に乗って五稜郭タワーへ

まずは函館市電に乗って五稜郭公園前まで移動。

函館市電に乗って五稜郭へ

初めて函館市電に乗車。(後方乗車、前方降車)

交通系電子マネーが使えるのが便利ですね。運賃は一律ではなく、乗る時タッチして降りる時に運賃に応じて残高が引かれます。

函館市電に乗って五稜郭へ

五稜郭公園前駅から歩いて来ましたが、徒歩で10分くらいでしょうか。その道中も桜が咲いていてだんだんとテンション上がっていきました。

五稜郭タワーに到着。この日はあいにくの曇り空。

五稜郭タワー

タワーの1・2階はお土産屋とか飲食店が入っています。

五稜郭タワーロビー

激混みというほどでもなく、ちょっと買って空いているスペースで食事する、みたいな人がたくさんいました。

五稜郭タワーロビー

五稜郭タワーの展望台から一望する

展望台行きへのチケット売り場には少し並んでいるかなと思ったのですが、思いの外スムーズに流れ、10分ほどで展望台へ到着。(ちなみに、大人1人1000円)

展望台からは、五角形のお堀沿いに桜が綺麗に咲いているのを見ることができました。

五稜郭タワー展望台からの景色 五稜郭タワー展望台からの景色

函館山の方面もタワーから一望できます。

五稜郭タワー展望台からの景色 五稜郭タワー展望台からの景色

ちょっと霞んでいるのが残念ですね。。

五稜郭タワー展望台からの景色 五稜郭タワー展望台からの景色

土方歳三の銅像が展示されていました。

土方歳三 五稜郭タワー展望台からの景色

ざっと見た感じ、3〜4割は外国人かなぁという印象でした。インバウンドも戻ってきてますねー。

五稜郭跡を散策

タワーを背景に桜を撮影するのは画になって良いですねー。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

五稜郭跡をざっくりと1周してみたいと思います。

桜に彩られた五稜郭跡を散策

ここに架かっている橋は「一の橋」と呼ばれるそう。

桜に彩られた五稜郭跡を散策

ちょっと肌寒い天気ではありましたが、ボートに乗っている人もちらほらいましたね。

桜に彩られた五稜郭跡を散策

そしてこちら架かっている橋は「二の橋」と呼ばれるそう。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

場所や木によっても咲き具合が少し違ったのですが、だいたい6〜7割ほど咲いているかなぁという感じでした。

満開の時期を狙ってフライトを変更したりしたのですが、なかなかピッタリに合わせるのは難しいですね。。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

土手を挟んで桜並木が続いているのは、迫力があって見ごたえありますねー。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

こちらは、「箱館奉行所」という建物。

桜に彩られた五稜郭跡を散策
箱館奉行所(説明一部抜粋)
公務を執る役所部分と奥向(おくむき)とよばれる奉行の役宅部分にわかれている。
桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

周りに大きな幹線道路とかも無いので、とても静かな雰囲気なのが良いですね。鳥の鳴き声とか自然を大いに感じられます。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

桜が散り始めた頃には水面に花びらが浮かぶ様子もまた綺麗でしょうね。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

細い道の両サイドに桜の木々が連なるのは、なかなか圧倒される雰囲気でしたね。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

土手の外側にはあまり人がいないので、さらにゆったりと鑑賞できました。(土手の上か内側に多い印象)

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

お弁当持ち込んでシート敷いて花見している人もちらほらいましたね。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

このあたりはタワーのふもとですが、夜には灯りが灯されて、夜桜もきれいな場所になると思います。

桜に彩られた五稜郭跡を散策 桜に彩られた五稜郭跡を散策

マサラカリスで遅めのランチを頂く

五稜郭で桜を楽しんだ後は、ランチに「マサラカリス(Masala Curris)」というカレー屋さんに行ってみました。

本当はこの日の前日の夜に訪れたのですが、「ルーがなくなったので営業終了します」の看板が出ており、無念の退却。。。リベンジの訪問となりました。

函館では五島軒尾木咖喱とかが有名ですが、こちらは2種類の無水カレーで営業しているお店です。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

メニューはこんな感じ。

「カリスカレー」はホロホロの鶏肉や甘みも感じるカレーで、「バイブスカレー」は野菜メインの少し酸味のあるカレーとのこと。

辛さはレゲエアーティストの名前で表記されていて自由に選べます。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

飽きがこないようにトッピングで最後まで楽しむのがコツらしい。

マサラカリス(Masala Curris)@函館 マサラカリス(Masala Curris)@函館

アルコールはけっこうな種類が用意されていました。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

2時近い時間だったので、私の他にお客さんは1組だけでした。

こじんまりとした雰囲気ですが、レゲエの雰囲気が漂っています。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

今回はカウンターにて頂きました。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

カリスカレーに、素揚げブロッコリーと半熟ゆで卵をトッピングしてオーダーしてみました。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

ほろほろに煮込まれた肉の食感が最高で、スパイスも効いているし野菜の甘みも感じられてとてもおいしかったですね。評価が高いのもうなずけます。

次回はバイブスカレーにも挑戦してみたいですね。

マサラカリス(Masala Curris)@函館

まとめ

五稜郭は、タワーの展望台からは桜に彩られた五角形の形や大きさ、函館山など市内の眺望を楽しめる一方で、五稜郭跡を散策することで桜並木の中を歩いて近くで桜を楽しめる、素晴らしい場所でした。

かなり広い場所なので人混みを感じることはなく、ゆっくりと静かに桜を楽しむことができました。

また、マサラカリスの無水カレー(カリスカレー)はホロホロに煮込まれた肉の食感とスパイスや野菜の旨みがミックスした、非常に美味しいカレーでした。また函館に来た際には違うメニューで再訪したいと思わせてくれるお店でした。

関連記事

ANA555(羽田-函館)-A321プレミアムクラス搭乗レビュー
昨年は奈良の吉野山に桜を見に行ったのですが、今年は函館・五稜郭の桜を見に行こうと思い函館に行ってきました。 まず今回の記事では羽田から函館へのフライトの様子を紹介したいと思います。 プレミアムクラスへの直前アップグレードに成功! 今回は予め特典航空券にて往復を予約。ローシーズンの適用になる...続きを読む
ホテルWBF函館-宿泊レビュー
今回は、函館を訪れた際に滞在した「ホテルWBF函館 海神の湯」の宿泊レビューをしたいと思います。 羽田から函館へやってきたフライトの様子はこちらの記事をどうぞ。 また今回の函館訪問のメインの目的である、函館・五稜郭の桜はこちらの記事をどうぞ。 まずは函館空港から函館駅へ...続きを読む
函館滞在2日目は、ホテルをチェックアウト後に適当にぶらついて、函館のローカルチェーン「ラッキーピエロ」で一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」を食べてきました。 今回はその時の様子を紹介します。 摩周丸&イカ広場周辺をぶらつく 昨晩はこちらのホテルに宿泊してました。茶褐色の天然温泉がとて...続きを読む
函館国際ホテル-宿泊レビュー
今回は、函館を訪れた際に滞在した「函館国際ホテル」の宿泊レビューをしたいと思います。 これまでの道中の記事はこちらをどうぞ↓ 赤レンガ倉庫に近くて函館観光には便利な立地のホテル 2日目は「函館国際ホテル」に宿泊しました。函館駅からだと徒歩7分程度、市...続きを読む
函館・湯の川温泉「ホテル万惣」宿泊レビュー
今回は、函館・湯の川温泉を訪れた際に滞在した「ホテル万惣」の宿泊レビューをしたいと思います。 これまでの道中の記事はこちらをどうぞ↓ 函館空港と函館駅の間に位置する湯の川温泉エリア 函館滞在の3日目は湯の川温泉に宿泊しました。 湯の川温泉は函館...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています