SFCの魅力総まとめ|取得目指して絶対に損はない一生モノのステータス

スーパーフライヤーズカード

当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたいと思います。

目次


プレミアムメンバーとSFC会員

ANAには上級会員制度として「プレミアムメンバーサービス」が存在し、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズの3つの会員ステータスが定められています。

ANAプレミアムメンバーステータス ANAプレミアムメンバーステータス

これらのステータスは、1年間の搭乗実績に応じて与えられるステータスで、基本的に1年間有効の資格です(事前サービス提供期間を含めると最大2年間)。このステータスを維持するためには、いわゆる”SFC修行”と呼ばれるほどに、飛行機に何回も乗り、搭乗実績を積み上げなければなりません。

しかし、ダイヤモンドメンバーとプラチナメンバーが申し込める上級会員区分として、ANAスーパーフライヤーズ会員(SFC会員)が別に用意されています。

この会員資格を得るには、ANAスーパーフライヤーズカードの取得が条件なのですが、このカードは「年会費を支払い続ける限り、一生ANA上級会員の資格を維持できる特別なクレジットカード」ということになります。

SFC会員になると受けられるサービスとは?

そんな一生モノのステータスであるSFC会員ですが、会員になるといったいどんなサービスを受けられるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

上級会員待遇関連

プレミアムメンバー専用サービスデスク

航空券・特典航空券の予約やマイル、プレミアムメンバーサービスについて、プレミアムメンバー専用オペレーターが対応してくれます。

ラウンジの利用

国内線では「ANA国内各空港のラウンジ」が、国際線では「ANA国内各空港のラウンジ、スター アライアンス加盟航空会社のラウンジ」が同行者1名を含めて無料で利用できます。

国内線

  • ANA LOUNGE:羽田空港、新千歳空港、仙台空港、小松空港、伊丹空港、関西空港、岡山空港、広島空港、松山空港、福岡空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港
  • ANA ARRIVAL LOUNGE:成田空港(国内線出発ラウンジ)
  • セントレア エアライン ラウンジ:名古屋(中部)空港
  • 「ラウンジ大淀」の共用待合室:宮崎空港

国際線

座席クラスのアップグレード

アップグレードポイントの利用で、国内線(ANAグループ運航便)はプレミアムクラスへ、国際線(ANAグループ運航便・ユナイテッド航空運航便)はビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレードが可能です。

国内線は、搭乗当日、空港にて空席がある場合に、特典航空券を含むすべての運賃で利用できるが、事前の予約は不可。国際線は、対象になる予約クラスの場合に限り、アップグレードの申し込みが可能です。

プレミアムエコノミーへの変更

空席がある場合は対象運賃以外で搭乗するでも、追加料金なくANA国際線「プレミアムエコノミー」に変更できます。オンラインチェックイン(搭乗24時間前に開始)を利用すれば、プレミアムメンバーのステータスに関係なく早い者勝ちですので、プレミアムエコノミーが設定されている路線では熾烈な獲得競争が24時間前に始まっているのです。

プレミアムエコノミーシート

予約関連

国内線座席指定の優先

ANAグループ運航便の国内線予約の際に、希望の座席を優先して選択でき、普通席において事前に指定できる座席の範囲が広くなります。

ご予約時の空席待ちの優先

国内線、国際線で、同一予約の同行者の空席待ち予約も一緒に優先されます。

国際線特典航空券の優先

メンバー本人と、メンバー本人のマイルを使う同一予約の同行者の予約、空席待ちも優先されます。

空港受付関連

優先チェックインカウンター

日本でも海外の空港においても、プレミアムメンバー優先のチェックインカウンターを利用できます。

国内線は、羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西空港、神戸空港、新千歳空港、名古屋(中部)空港、福岡空港、那覇空港、小松空港、広島空港、宮崎空港、鹿児島空港で「ANA PREMIUM CHECK-IN」を利用できます。

国際線は、ビジネスクラスチェックインカウンター、もしくは「スター アライアンス・ゴールド」のサインが表示されている優先チェックインカウンターを利用できます。

手荷物受け取りの優先

手荷物に優先タグを付けてもらえるので、到着後は優先的に受け取ることができムダな待ち時間が発生しなくなります。

手荷物許容量の優待

ANAグループ運航便、およびスター アライアンス加盟航空会社を利用する際、無料で預けることのできる手荷物の個数や重さ制限が緩和されます。

国内線

搭乗クラスの無料手荷物許容量にプラス20kgまで無料で預かってもらえます。

手荷物許容量の優待-国内線

国際線

搭乗クラスの無料手荷物許容量をプラス1個まで無料で預かってもらえます。

手荷物許容量の優待-国際線

専用保安検査場の利用

ANAグループ運航便に搭乗する際、専用保安検査場が利用できます。混雑時でも並ぶことなくラウンジまで進めるのは魅力的ですね。

  • 国内線:羽田空港、新千歳空港、伊丹空港、福岡空港
  • 国際線
    • 成田空港:「STAR ALLIANCE GOLD TRACK 」と「優先保安検査場(プライオリティレーン)」
    • 羽田空港:「優先保安検査場(プライオリティレーン)」

優先搭乗の案内

ANAグループ便、およびスター アライアンス加盟航空会社便を利用の際、国内線および国際線全路線において、搭乗クラスにかかわらず、優先して搭乗できます。

ANA優先搭乗

空港での空席待ちの優先取り扱い

出発当日に希望する便やクラスの座席が満席の場合でも、空席待ちの呼び出しが優先されます。

マイカー・バレーの優待(成田空港)

成田空港にて提携駐車場サービスを優待料金で利用できます。

羽田空港駐車場の優待予約

羽田空港第3(P3)駐車場の予約を優先してくれます。

香港国際空港の優先レーン

香港国際空港の出入国手続きにおいて優先レーン(フリークエントビジターeチャンネル)が利用できます。

日本から香港への入国時に登録申請し(指紋を採取し、顔写真撮影)、登録申請が受理されるとパスポートにバーコードが添付され、eチャンネルが利用できるようになります。一度登録が完了すると、バーコードが添付されたパスポートの有効期限内まで、eチャンネルの利用が可能となります。

香港国際空港優先レーン

ボーナス特典関連

アップグレードポイント

アップグレードポイントは、1月~12月のANAグループ運航便の利用で獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントされるポイントです。

獲得したポイントは座席クラスのアップグレード、ラウンジの利用、ANA SKYコインへの交換ができます。

ANAアップグレードポイント獲得一覧表

SFC修行ですべてANAグループ運行便でプレミアムポイントを獲得した場合は、5万プレミアムポイント以上となりますので、20ポイントがもらえることになりますね。

例えば、国内線で普通席をプレミアムクラスにアップグレードする際には4ポイント、国際線で東南アジア路線のエコノミークラスをビジネスクラスにアップグレードするには8ポイントが必要となります。

フライトボーナスマイル

通常のフライトマイルに加えて、フライトの度にボーナスマイルがもらえます。プレミアムメンバーではないSFC会員は、保有するSFCの種類により、一般カードが35%、ゴールドが40%、プレミアムが50%のフライトボーナスマイルが付与されます。

ANAフライトボーナスマイル

スーパーフライヤーズ会員でなおかつプレミアムメンバーでもある場合、さらに大きなフライトボーナスマイルが付与されます。

プレミアムメンバーでのANAフライトボーナスマイル

マイルからANA SKYコインへ特別倍率で交換

一度に50,000マイル以上を交換する場合に、1.6倍の比率で交換できます。ANAワイドゴールドカードを保有している場合と倍率は同じですので、あまりメリットは感じないかも知れません。

マイルとANAskyコインの交換比率

アップグレードポイントからANA SKYコインへの交換

アップグレードポイントをANA SKY コインに交換することができます。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待

以下の対象ホテルグループを利用した際に優待してくれます。ベストフレキシブル料金から宿泊10%オフ、レストランやバーが5~10%オフになったりします。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン

その他

スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ

SFCへの入会記念として、オリジナルネームタグがプレゼントされます。

プレミアムメンバー限定ANAセレクション

マイルを使って、キャニオニング温泉宿泊体験、スペシャルエステなど、他では味わえない「特別な体験」をすることができます。

ライフスタイルマガジン

ライフスタイルマガジン『ana-logue』が送付されるサービスです。

会員限定手帳・カレンダーのプレゼント

スーパーフライヤーズ会員限定手帳(またはレフィルのみ)および、カレンダー(壁掛け・卓上のいずれか1点)の合計2点を申し込みの上、もらうことができます。どちらも申し込みせず、SFCを保有している人は、500マイルがプレゼントされます。

 

SFC会員になると受けられるサービスを見てきましたが、クレジットカード年会費を支払い続けるだけで、これだけのサービスを一生受けられるのはホントにすごいことだと思います。

チェックインから保安検査場、ラウンジ、優先搭乗、手荷物の受け取りまで優先されるので、とにかくスムーズに進むことでしょう。

一般会員は、チェックインから保安検査場でも並び、ラウンジは使えないので飲食店で時間をつぶし、搭乗も荷物の受け取りも最後まで待たなければなりません。ビジネスクラスに乗るのであれば同じように優先されますが、毎回ビジネスクラスに乗るわけでもないでしょうから、その受けられるサービスの落差はだんだんストレスになりそうですね…

保有している限り優遇されるわけですので、最初に多少の時間とお金をかけてでも、SFC取得を全力で目指すべきだろうと思います。

プラチナメンバーとSFC会員の違いを比較

SFCはダイヤモンドメンバーとプラチナメンバーが申し込みできるのですが、プラチナステイタス以上から申し込めるものですので、プラチナメンバーとSFC会員で受けられるサービスの内容について比べてみます。

SFC会員とプラチナメンバーで受けられる内容比較一覧

以下はSFC会員で受けられるサービスとプラチナメンバーで受けられるサービスをそれぞれ網羅し、受けられる(◯)、受けられない(―)で表示し、内容に差があるものについては補足説明を加えています。

 SFC会員ANAプラチナメンバー
プレミアムメンバー専用サービスデスク
ラウンジの利用
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更
国内線予約の先行受付
国内線座席指定の優先◯※
ご予約時の空席待ちの優先
国際線特典航空券の優先
優先チェックインカウンター
手荷物受け取りの優先 ◯
手荷物許容量の優待 ◯
専用保安検査場の利用  ◯
優先搭乗の案内
空港での空席待ちの優先取り扱い
マイカー・バレーの優待(成田空港)
羽田空港駐車場の優待予約
香港国際空港の優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル
35-50%

90-105%
マイルからANA SKYコインへ特別倍率で交換
最大1.6倍

最大1.7倍
アップグレードポイントからANA SKYコインへの交換
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待
スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ
80,000プレミアムポイント限定「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券
プレミアムメンバー限定ANAセレクション
ライフスタイルマガジン
会員限定手帳・カレンダーのプレゼント

※明文化されていないが、ほぼ同等と思われる

いかがでしょう?ほぼ同じであることに驚かれた方もいると思います。

SFC会員とプラチナメンバーでは受けられる内容はほぼ同じ

プラチナメンバーと比べて、SFC会員が受けられない、あるいは内容が低下するサービスは以下の点です。

  • 国内線予約の先行受付が受けられない
  • フライトボーナスマイルが減る(90-105%が35-50%に減少)
  • マイルからANA SKYコインへの特別倍率での交換(最大1.7倍から最大1.6倍に縮小)
  • 80,000プレミアムポイント限定「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券がもらえない

あえて言うなら、たったこれしかありません。

 

この中で大きく違うのは、フライトボーナスマイルでしょうか。

しかしほとんどの陸マイラーにとっては、わざわざお金を出して航空券を買うわけではなく特典航空券を狙うわけで、この特典航空券ではもともとフライトマイルはもらえません。そういう意味であまり重要ではないですし、何しろ我々は”乗らずに”マイルを貯めているわけですから、それの手軽さと比較すれば微々たるものです(もちろん、貰えるものは貰いたいですが・・苦笑)。

先行予約もさほど重要ではないですし、ANA SKYコインへの交換倍率はSFC修行が終わればそれほど使う機会はないと思います。(マイルが余って有効期限を伸ばすために交換し、それをホテル代に充てたりということはあるでしょう)

空港関連で受けられるサービスと特典航空券が陸マイラーにとって最大の目的という方が多いと思いますので、たった一生に一度の修行でSFC会員になりそれを維持することは、その後の人生においてより満足度の高い素晴らしいものになると思っています。(繰り返しになりますが、プラチナメンバーなどのプレミアムメンバーは、毎年フライトによってそのステイタスを維持する必要があります)


では一体どうやってSFCを取得するの?

まず、SFC会員に申し込みするための、ダイヤモンドメンバー、プラチナメンバーになるための条件について確認しておきます。

毎年1月〜12月までの獲得プレミアムポイントに応じて、翌年度にステイタスが与えられます。

  • 30,000プレミアムポイント以上:ブロンズステイタス
  • 50,000プレミアムポイント以上:プラチナステイタス
  • 100,000プレミアムポイント以上:ダイヤモンドステイタス

SFC会員になるためには、5万プレミアムポイント以上を貯めてプラチナメンバー以上のステータスを獲得し、スーパーフライヤーズカードを申し込んで取得しなければなりません。

プラチナステイタス以上を獲得した人が申し込めるのがSFCなのですが、この獲得条件がなかなか厳しいのです。

5万プレミアムポイントを貯めるだけでもかなり大変なSFC修行

毎週のようにどこかに飛行機で出張していたり、時間とお金を持て余して世界各国を旅している人であれば自然とステータス獲得できるのでしょうが、、、我々一般人には時間もお金も余裕はありませんので、そう簡単に成し遂げられるものではありません。

どれくらい大変なのか、ちょっと計算してみましょう。

2016年10月20日に、東京(羽田)から福岡へフライトする場合。(2016年8月27日時点)

ANA運賃-羽田発福岡行 ANAフライトマイルシミュレーション-羽田福岡間

旅割28で昼間の時間帯で見ると片道運賃13,590円がありますね。このフライトでもらえるプレミアムポイントは850ポイントです。(運賃種別:運賃7)

これは片道なので、往復だと27,180円で1,700プレミアムポイントとなります。

プラチナステイタスの条件50,000ポイントを貯めるには、約30回往復フライトする必要があるので、2ヶ月で5回の往復出張するくらいのビジネスマンの方であればちょうど満たすくらいです。そして、これにかかる費用は815,400円と、非常に高額の支払いが必要で、個人ではなかなか手が出せる金額ではないですよね…

この「高額の費用」と「何度も飛行機に乗る」という苦行はSFC修行と呼ばれていて、プレミアムポイント(PP)を効率よく得るため、同日に羽田-那覇2往復という異常なまでのフライトを敢行する人を修行僧と呼びます。そして、晴れて5万プレミアムポイントを達成して、ANA スーパーフライヤーズカード発行の権利を得ることを解脱といいます。

ANAマイルをANA SKYコインに交換することで費用負担を軽減

陸マイラー活動で貯めた大量ANAマイルをANA SKYコインに交換することによって、財布から支払いすることなくSFC修行に望むことができます。ANAゴールドカードを保有していれば、1度に5万マイル以上の交換で1.6倍の交換率が適用されるので、5万マイルは8万ANA SKYコインに交換することができます。

マイルとANAskyコインの交換比率

10SKYコインを10円として利用でき、これで航空券を購入するわけです。これで購入した航空券は、フライトマイルを貯めることができますので、プレミアムポイントも貯めることができるという仕組みなのです。

1プレミアムポイントの取得単価が10円前後が平均的と言われていますので、5万プレミアムポイントを貯めるには50万円相当が必要となりますが、それをSKYコインで充当しようとすると、31万マイル程度をSKYコインに交換することで、SFC修行に必要な費用をまかなうことができるということになります。

クレジットカードは予め保有しておくのがセオリー

晴れてSFC修行を解脱し、SFCの申込をしようとします(プラチナサービス、ダイヤモンドサービスの提供期間中にだけ、SFCの申込が可能)。

SFCの申込と言っても、クレジットカード発行の申込になるので、実は審査があります。この審査に落ちてしまい、スーパーフライヤーズカードを発行できないという可能性がないわけでないのです。

ですが、同一のカードブランドで同一グレード(ゴールドとかプラチナ)なら、クレジットカードの審査ではなく切替となります

つまり、「ANA VISAワイドゴールドカード」から「ANA VISAスーパーフライヤーズゴールド」へ切り替える際には、審査落ちすることがないというわけですね。これなら安心です♪

仮に審査に落ちたとしても、SFC会員への申込は「プラチナ事前サービス」メンバーでも可能ですので、「プラチナサービス」メンバーの期間も含めると最大2年間、申込可能な期間があるわけですので、グレードを落としたりクレヒスを積むなりして審査に臨めばよいでしょう。

ANA VISA ワイドゴールドカード
当ブログでは、SFC取得を最初に目指した後、マイルを特典航空券に交換して、より満足度の高いフライトライフを目指しています。(その背景については「ANAマイルの貯め方をお伝えしたいと思ったきっかけ」をお読み下さい) そうした時に、なぜ「ANA VISAワイドゴールドカード」が持つべきANAカードとし...続きを読む

まとめ

スーパーフライヤーズカードを取得することで得られるメリットは、今後のフライト人生におけるメリットは絶大です。しかもその維持コストは、クレジットカードの年会費だけです。

SFCの取得にかかる費用も通常は50万円〜60万円ほどと言われていますが、ANAマイルを貯めてANA SKYコインへ交換することで、航空券の購入代金に充当することができますので、自分の財布から持ち出す必要がなくなります。

貯めたマイルで特典航空券に交換して旅行するのもいいのですが、最初はSFC取得を目指し、SFC取得後に特典航空券などでの旅行が一番利用価値があると個人的には思っています。

関連記事

マイルを効率良く貯める仕組み
これを見れば非常にシンプルな、大量のANAマイルの貯め方を理解できます。 まずは固定概念を壊しましょう 「固定概念?マイルの貯め方じゃないの?」 そう思われた方、申し訳ありません。 何を隠そう私自身がそうだったのですが、固定概念があると実はマイルは貯まらないんです… その固定概念とは、 ...続きを読む
ソラチカカード
ANA陸マイラー活動をする上で、欠かすことのできない必須アイテム、「ANA ToMe CARD PASMO JCB(通称、ソラチカカード)」。 その魅力と特長、気になるポイントについてまとめてみました。 なぜソラチカカードが必要なのか? なぜこのソラチカカードが必須なのか、その理由についておさ...続きを読む
ANA VISA ワイドゴールドカード
当ブログでは、SFC取得を最初に目指した後、マイルを特典航空券に交換して、より満足度の高いフライトライフを目指しています。(その背景については「ANAマイルの貯め方をお伝えしたいと思ったきっかけ」をお読み下さい) そうした時に、なぜ「ANA VISAワイドゴールドカード」が持つべきANAカードとし...続きを読む
これまでのANAマイルの貯め方を実践してくると、けっこうなマイルが貯まっていると思います。そうなるとだんだん気になってくるのが、一体どういう交換の仕方をすればお得なのか?ということです。じっくりと検証してみたいと思います。 1マイルの価値は何円なのか? マイル自体はお金ではありませんが、マイルを...続きを読む


ANA海外旅作の価格が一目瞭然!






ANA海外旅作の価格一覧を一覧で見れるページを作成しました。
どの日程がPP単価が良いのか?安いのか?など一覧の中から見つけることができます。
SFC修行や旅行の計画に活用ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています