【2017年SFC修行】海外旅作プレエコ往復でPP稼ぐなら3月までに

ANA Boeing 747

海外旅作でシンガポールとかバンコク、シドニーあたりをプレミアムエコノミーで往復するルートが、大量プレミアムポイント(PP)を獲得できる方法としてオススメでした。しかし、よくよく価格を見ていくと2017年4月以降はSFC修行ルートには全く向かない価格になっていましたので、その詳細についてご紹介しておきます。


一度に大量PP獲得するには海外旅作でプレミアムエコノミー往復がオススメ

SFC修行を効率良く進めていく1つの方法として、海外旅作で沖縄発着にしてプレミアムエコノミーで往復するというルートが、時間は多少かかりますが1回の旅行で獲得できるPPが大量であるため、3回くらい行えばあっという間に50,000PP獲得できて解脱できてしまうという方法でした。

3回ですので、プレミアムエコノミーが設定されている路線である、シンガポール、バンコク、シドニーをそれぞれ1回行けば終了!というくらいお手軽なルートでした。

こちらの記事で、どのような方法がSFC修行に向いているかまとめていますので、ぜひ参考にされてください。

ANA飛行機
2016年もあと4ヶ月ほどになりました。私も含め2017年にSFC修行を始めようとしている人は、そろそろ予約など動き出す頃だと思います。今回はSFC修行するにあたり、どうやって行うのが費用と時間の面で効率的なのか、その方法をまとめてみました。 1プレミアムポイントの取得単価で良し悪しを判断 SF...続きを読む

私自身も2017年からSFC修行を開始するので、第1弾はシンガポールをプレミアムエコノミーで往復するというプランで確定させています。

シンガポールのマリーナベイサンズとマーライオン
2017年1月以降の旅割予約が開始されたことで、2017年から始めるSFC修行のルートを検討していたのですが、その第1弾が確定したのでご紹介します。 SFC修行のおける私の前提条件 まず前提として、私がどのような基準でルート選定しているか?ですが、 現在は福岡市在住 自営のため比較的...続きを読む

2017年4月以降の海外旅作は倍以上に高騰

しかしながら、2017年4月以降の海外旅作での同一ルートを検索してみると、なんと価格が倍以上になっていました…(大汗)

今年7月26日に4月1日〜6月30日分の海外旅作が発売されたのですが、このタイミングで、これまで異常とも言える格安航空券になっていたプレミアムエコノミーが適正価格に修正されたということでしょうか。

どれくらい価格が上がっているのか知るために、シンガポールとバンコク、そしてシドニーをプレミアムエコノミーで往復するとして、海外旅作での最初の検索結果で表示されたものを一覧にしてみました。

基本的には土日を有効活用し、金曜日出発で月曜日に戻ってくるスケジュールで検索しています。

シンガポールとバンコクは沖縄発着にしてますが、シドニーはフライトのスケジュール上、火曜日の朝羽田に戻ってくるフライトでしたので、沖縄発着は行わない単純な東京―シドニー間の往復のみです。

ですのでシドニーの場合は、時間に余裕があれば金曜日の日中に、東京発沖縄行きの片道航空券と沖縄発羽田行きの国際線乗り継ぎ国内区間(旅作で往路のみ沖縄発にする)を組み合わせての往復移動を入れても良いですね。

そして、バンコクとシドニーでのプレミアムエコノミー設定路線は1往復しかありませんが、シンガポールは羽田と成田でありますので、ご自身のスケジュールに合わせて組み合わせが可能です。月曜日は沖縄からお住まいの地域に戻れるよう、フライトプランを変更したほうが良さそうですね(金曜日にシンガポール宿泊となるようにすれば月曜日はかなり余裕あるフライトとなります)。

以下のフライトが検索結果の最初に表示されたプランです。

シンガポールのフライトスケジュール例

  出発 戻り  
NH476 沖縄→羽田
(20:05→22:20)
NH802   シンガポール→成田
(6:00→14:10)
NH843 羽田→シンガポール
(0:05→6:35)
 NH1097  羽田→沖縄
(17:10→19:50)

バンコクのフライトスケジュール例

  出発 戻り  
NH2158 沖縄→成田
(11:55→14:20)
NH808 バンコク→成田
(0:30→8:25)
NH807 成田→バンコク
(17:20→22:40)
 NH473  羽田→沖縄
(13:15→16:10)

シドニーのフライトスケジュール例

  出発 戻り  
NH879 羽田→シドニー
(22:10→9:45)
 NH880  シドニー→羽田
(21:30→5:05)

それでは、2017年1月から6月末までの、海外旅作でのプレミアムエコノミー往復価格一覧です(2016年9月1日現在)。
(以下の表に諸費用は含まれていませんが、シンガポールは5,380円、バンコク5,020円、シドニーは12,110円が別途かかります←目安の金額です)

 出発(Fri) 戻り(Mon) シンガポール バンコク シドニー
1月6日 1月9日 ¥121,000  ¥104,700
 1月13日 1月16日 ¥118,300 ¥105,800 ¥161,600
1月20日 1月23日 ¥118,300 ¥105,800
1月27日 1月30日 ¥118,300 ¥105,800
2月3日 2月6日 ¥125,300 ¥105,800 ¥165,600
2月10日 2月13日 ¥118,300 ¥105,800 ¥165,600
2月17日 2月20日 ¥118,300 ¥105,800 ¥172,600
2月24日 2月27日 ¥118,300 ¥105,800 ¥165,600
3月3日 3月6日 ¥118,300 ¥105,800 ¥176,500
3月10日 3月13日 ¥118,300 ¥105,800 ¥165,600
3月17日 3月20日 ¥121,000 ¥105,800 ¥165,600
3月24日 3月27日 ¥118,300 ¥105,800 ¥165,600
3月31日 4月3日 ¥204,200 ¥105,800 ¥168,100
4月7日 4月10日 ¥264,500 ¥236,800 ¥275,900
4月14日 4月17日 ¥264,500 ¥236,800 ¥275,900
4月21日 4月24日 ¥264,500 ¥236,800 ¥275,900
4月28日 5月1日 ¥383,100 ¥251,800 ¥298,900
5月5日 5月8日 ¥337,700 ¥251,800 ¥298,900
5月12日 5月15日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
5月19日 5月22日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
5月26日 5月29日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
6月2日 6月5日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
6月9日 6月12日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
6月16日 6月19日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
6月23日 6月26日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900
6月30日 7月3日 ¥337,700 ¥236,800 ¥275,900

ちなみに、ホテルは以下が最安として表示されていました。

 シンガポール  81 ディクソン
グランド・パシフィック(3/31出発以降)
リッツカールトン・ミレニア(4/28出発以降)
バンコク  コンビニエント・パーク 
シドニー  アビー
ヴァイブ・ラシュカッターズ (2/17出発のみ)

見事なまでに、4月以降のプレミアムエコノミー往復の価格が値上がりしています。

まぁ、単体で航空券を買おうとすればシンガポールとかバンコクは約18万円ほどですので、適正価格にまで修正されたと言えそうですね…ホテル2泊入れたとしてもちょっと高いような気もしますが、非常に残念ながら、現時点ではこのような価格になってしまっています。

今回のフライト例での獲得PPはこのようになっています。

  • 沖縄発着+シンガポール往復:14,672PP
  • 沖縄発着+バンコク往復:13,342PP
  • シドニー往復:15,388PP

値上がり後の、例えば6月2日出発の料金でPP単価を計算してみると、

  • 沖縄発着+シンガポール往復:337,700円÷14,672PP=23.02
  • 沖縄発着+バンコク往復:236,800円÷13,342PP=17.75
  • シドニー往復:275,900円÷15,388PP=17.93

となり、残念すぎる状態となっております…

ですので、海外旅作でプレミアムエコノミー往復で大量PPを獲得しようと考えていた方は、2017年3月までの日程で調整しないとSFC修行のルートとしてはあまりにも効率が悪くなっていますので、早急に検討する必要がありますね。

旅作は30日前(ピーク時は40日前)までは取消手数料がかかりませんので、ひとまず予約しておいて効率的なSFC修行ルートを確保しておくのもアリだと思います。

まとめ

海外旅作でのプレミアムエコノミー往復の料金が2017年4月以降のフライトから高騰してしまいました。

適正価格になったと言えるのか、はたまたまだ未設定な部分があるのか定かではありませんが(シンガポールでの4月28日以降のホテルがリッツカールトン・ミレニアが最安であることなど)、少なくとも現時点は修行ルートとしては選択肢から外れてしまいました。

一回の旅行で大量PPを獲得できる優れたルートとしてSFC修行で大活躍していたのですが、それを行うには2017年3月までのフライトで計画を立てる必要があります。

日程が近づくについて料金も少しずつ上がっていきますので、旅作は30日前(ピーク時は40日前)までは取消手数料がかからないので、2017年のSFC修行をこの方法で行おうと考えていた方は、行けそうな予定を予め押さえておいて実際に行けるよう最大限スケジュール調整するようにしたほうが良さそうですね。

[2016.11.5追記]

2016年11月5日現在で、同じスケジュールでプレエコ往復海外旅作の価格を変化を調べてみました。概ね傾向に変わりはないですが、バンコク路線だけはプレエコ航空券が値下がりしたことで、海外旅作の料金も値下がりしています。詳しくはこちら↓

海外旅作のプレミアムエコノミークラス費用がかなり割安で、SFC修行にはもってこいのルートになっていました。しかし、2017年3月末までが有効であると以前の記事(【2017年SFC修行】海外旅作プレエコ往復でPP稼ぐなら3月までに)でお伝えしましたが、それから2ヶ月経ち、費用はどのように変化したのか探...続きを読む

関連記事

スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む
ANA飛行機
2016年もあと4ヶ月ほどになりました。私も含め2017年にSFC修行を始めようとしている人は、そろそろ予約など動き出す頃だと思います。今回はSFC修行するにあたり、どうやって行うのが費用と時間の面で効率的なのか、その方法をまとめてみました。 1プレミアムポイントの取得単価で良し悪しを判断 SF...続きを読む
シンガポールのマリーナベイサンズとマーライオン
2017年1月以降の旅割予約が開始されたことで、2017年から始めるSFC修行のルートを検討していたのですが、その第1弾が確定したのでご紹介します。 SFC修行のおける私の前提条件 まず前提として、私がどのような基準でルート選定しているか?ですが、 現在は福岡市在住 自営のため比較的...続きを読む
エアチャイナでSFC修行
2017年のSFC獲得に向けていろいろと情報収集していたら、ANA海外発券の航空券がかなり安くSFC修行に向いているようでしたので、それを使ってできるSFC修行プランを考えてみました。 ANA海外発券が意外にお得という事実 日本に住んでいる方であれば通常航空券を購入するのは、例えば、東京発シンガ...続きを読む
ANA787ビジネスクラスシート
来年2017年から始めるSFC修行のルートについて、ビジネスクラスでもPP単価的に全然問題ないルートがあることが判明したので、修行ルートをどうしようかいろいろと悩んでいます。そのいきさつについて、今回は書いてみたいと思います。 第1回目のSFC修行ルートは海外旅作シンガポールプレエコ往復で確定済 ...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています