2017年SFC修行の新定番になる?4月以降の沖縄発着シドニープレエコがPP単価7円台!一撃25000PP超えも

オーストラリア-シドニー

2017年4月以降のシドニープレエコ往復運賃がかなり安くなっており、1回の旅程で25,000PP超え、PP単価も7円台になり、SFC修行にかなりオススメできるルートになっています。その詳細についてご紹介します。


偶然にも発見したシドニープレエコが格安になっている件

オーストラリア-シドニー

2017年4月以降の海外旅作プレエコが高騰しているので、その価格推移を先月11月に引き続き調査している際に偶然にも発見しました。

シンガポール、バンコク、シドニーの海外旅作プレエコの費用を、週末を挟んで旅行した場合の推移を2017年1月〜6月末まで比較しています。

ANA機@羽田空港
海外旅作のプレミアムエコノミークラス費用がかなり割安で、SFC修行にかなりオススメのルートになっていることはこれまでにご紹介してきました。2017年3月末までが有効であると以前の記事(【2017年SFC修行】海外旅作プレエコ往復でPP稼ぐなら3月までに)でお伝えしましたが、11月初旬に確認し、また改...続きを読む

現状(2017年3月末までの価格)ほどは安くないのですが、以前よりは値下がりしてきていることがわかります。

その理由を探ろうと、旅作はホテル代もセットになっているので、航空券単体での価格を調べたところ、旅作料金が割高と断言できるほどシドニープレエコ往復運賃が値下がりした状態で販売されています。

これを見ると、4月以降は値下がりしそうな気配がありますよね・・?

ANAシドニープレエコ往復-2017年3月

実際、4月になるとこの価格で販売されています(記事執筆時点)。

宿泊なしで復路が始まると高いですが、1泊すると最安価格となるようです。

ANAシドニープレエコ往復-2017年4月

現時点で調査できる最長期間で調べてみると、2017年11月末の時点でも同じ価格で販売されています。

GWやお盆、3連休などは上昇しますが、基本的には1年後まで同じ価格です。これなら比較的、計画しやすいのではないでしょうか?

ANAシドニープレエコ往復-2017年11月

SFC修行に使えるのか?PP単価を計算してみよう

それでは、SFC修行に使えるのか、PP単価を計算してみましょう。シドニー往復のプレエコでこれだけ安かったら、かなり期待できそうですね♪

今回は以下の旅程を基本にしています。

ANAシドニープレエコ往復運賃

4月14日(金)に沖縄から出発し、4月16日(日)夜に日本に向けて戻ってくる旅程です。国内線発着空港として沖縄(那覇)を付けた費用は、「148,000円」となっています。

これが旅作と違って優れているのは、現地宿泊が1泊で済むことです。その分、スケジュール調整がしやすくなりますからね。羽田=シドニー間を往復ともに深夜に飛んでいるフライトスケジュールも、時間効率としては使い勝手が良いですね♪

また、現時点では燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はゼロ円ですので安くなっていますが、2017年2月以降は復活するとのニュースが出ています。

産経ニュース「燃油サーチャージ、来年2月に復活へ 10カ月ぶり、欧米路線で片道3500円上乗せ」

以下のページでANAの燃油サーチャージ設定金額を確認すると、シドニーは片道3,500円となりそうです(A表の6,000円以上7,000円未満欄より)。

ANA「燃油特別付加運賃の改定について」

往復だと7,000円にもなり、けっこうな金額となりますね…できることなら早め(2017年1月末まで)に発券されることをオススメします。

沖縄発着+シドニー往復だけの場合

まずは単純に、沖縄発着でシドニー往復をした場合の、PP単価を計算してみましょう。

沖縄発着+シドニープレエコ往復PP単価

※画像クリックで拡大表示できます

獲得PPは合計19,324PPで、そのPP単価は7.68になりました。

いやー、これは良いですね!私が予約した時期にこれがあったら、かなり悩んだかも知れません…シドニー行ったことがないので、行ってみたいんですよねー。

ブリスベンとゴールドコーストには行ったことがあるんですけど、シドニーはないので、解脱後に行ってみたいところに加えたいなぁと。

【プレミアム株主優待割引】を前後に付けた場合

さて、上記旅程は沖縄在住の方であれば完結するのですが、そうではない方も多いですので、前後に沖縄往復を付けなければなりません。

じゃあということで羽田からプレミアム旅割28を付けようと検索したのですが、現状調べられるほぼ全ての便で予約済になっていたので、しょうがないのでプレミアム株主優待割引とその株主優待券代を4,000円として計算してみました。

沖縄発着+シドニープレエコ往復PP単価+プレミアム株主優待割引

※画像クリックで拡大表示できます

おそらく、だいたいこういった金額になるでしょう。株主優待券はヤフオクでは4,000円前後で落札されているようです。

PP単価は8.66は先程よりは悪くなりましたが、獲得PPは25,044PPと一撃で25000PP超えです。あと半分でSFC解脱となるほどの破壊力です。プレミアム旅割28で予約できたらPP単価が良くなるので、間違いなく最強ですねー。

旅程回数を少なくして解脱を目指す方には、かなり良いかも知れませんね。

【旅割75】を前後に付けた場合

いくら25,000PPを超えるとはいえ、PP単価が12円にもなるのはイヤだという方もいるでしょう(たぶん、それは私)。

4月以降なので普通席であればまだまだ購入しやすいですが、旅割75で往復を購入した場合はどうなるのでしょう?

沖縄発着+シドニープレエコ往復PP単価+旅割75

※画像クリックで拡大表示できます

調べた中で安いもので計算していますので、これより高くなることもありますが、それほど大きくは違わないでしょう。

獲得PPは22,276PPでそのPP単価は7.87円と、かなり満足できる水準ではないでしょうか?

【旅割75+当日アップグレード】を前後に付けた場合

プレミアム旅割28の予約状況から察するに、当日空席がある可能性は低いでしょうが、突然のキャンセルは無きにしもあらずですので、運良く当日アップグレードできた場合も計算しておきましょう。

上記旅割75での運賃にプラス9,000円した金額で、往復アップグレードできたとして計算しました。

沖縄発着+シドニープレエコ往復PP単価+旅割75+当日アップグレード

※画像クリックで拡大表示できます

獲得PPは24,244PPでPP単価は7.98円と、いまだPP単価7円台で修行することができるようです。

プレミアム旅割28が予約できるならそれがベストかも知れませんが、プレミアム株主優待割引がそれほどPP単価的に効率的ではないことから、基本は旅割で購入しておいて、当日アップグレード狙いくらいにしておくのが現実的かも知れませんね。

まとめ

2017年4月以降のシドニープレエコ往復価格がかなり格安になっていることについてご紹介しました。

プレミアムクラスで沖縄往復ができれば、1回の旅程で25,000PP以上を獲得できます(羽田発の場合)。回数を少なくしたい方には特にオススメできます。

また、現地宿泊が1泊で済むことも、スケジュールを立てる上では調整しやすいですよね。

ただ、いまは1年後まで同じ価格で販売されているようですが、今後も同じ価格で販売されるとも限らないので、できるだけ早めに予定を立てて予約されることをオススメします。

そして、燃油サーチャージが復活する(2017年2月以降)とも言われていますので、そういう意味でも、早めに発券までされるのが良いですね。

関連記事

ANA機@羽田空港
海外旅作のプレミアムエコノミークラス費用がかなり割安で、SFC修行にかなりオススメのルートになっていることはこれまでにご紹介してきました。2017年3月末までが有効であると以前の記事(【2017年SFC修行】海外旅作プレエコ往復でPP稼ぐなら3月までに)でお伝えしましたが、11月初旬に確認し、また改...続きを読む
ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む
シンガポールの朝焼け
2017年から始めるSFC修行の第1弾は、海外旅作で発券した沖縄発着のプレエコで行くシンガポール往復です。その旅程が最終的に決定しましたので、獲得できるプレミアムポイント(PP)の内訳や、最終的に旅程が確定するまでの経緯についてご紹介したいと思います。 2017年SFC修行第1弾は海外旅作の沖縄発...続きを読む
ANA787ビジネスクラスシート
来年2017年から始めるSFC修行のルートについて、ビジネスクラスでもPP単価的に全然問題ないルートがあることが判明したので、修行ルートをどうしようかいろいろと悩んでいます。そのいきさつについて、今回は書いてみたいと思います。 第1回目のSFC修行ルートは海外旅作シンガポールプレエコ往復で確定済...続きを読む
ANA Boeing 747
海外旅作でシンガポールとかバンコク、シドニーあたりをプレミアムエコノミーで往復するルートが、大量プレミアムポイント(PP)を獲得できる方法としてオススメでした。しかし、よくよく価格を見ていくと2017年4月以降はSFC修行ルートには全く向かない価格になっていましたので、その詳細についてご紹介しておき...続きを読む


ANA海外旅作の価格が一目瞭然!






ANA海外旅作の価格一覧を一覧で見れるページを作成しました。
どの日程がPP単価が良いのか?安いのか?など一覧の中から見つけることができます。
SFC修行や旅行の計画に活用ください!



7 件のコメント

  • はじめまして
    教えて下さい、
    沖縄-シドニ の 羽田―シドニの往復、プレミアムエコノミーとありますが
    エコノミー席ではないのですか?
    因みにエコノミー席(Economy) とプレミアムエコノミー席(Premium Economy)獲得PPは同じですか? 
    料金が高いと(プレミアムエコノミー席(Premium Economy))
    こちらの方が獲得PPも高くなるのですか?
    本当に素人なので、参考にさせて頂いています。

    • 大山様

      コメントありがとうございます!

      記事に記載しているとおり、「プレミアムエコノミー」です。

      大分類としてはプレミアムエコノミーもエコノミークラスに属するのですが、
      プレミアムエコノミーの予約クラスは「E」になり、積算率が100%になります。

      一方、例えば価格重視のエコノミー(Value)だと、予約クラスが「W」や「S」になり、
      その場合の積算率は「50%」になります。

      まずはこちらの記事をお読みください。
      https://ana-mileage.net/how-to-get-sfc-efficiently/#SFC-3

      積算率が異なりますので、獲得PPも異なります。
      羽田=シドニー間の区間基本マイレージは4,863です。
      これをもとに片道で獲得できるPPを計算してみます。

      ・プレミアムエコノミーに搭乗した場合
      区間基本マイレージ4,863 x 積算率100% x 路線倍率1.5 + 搭乗ポイント400 = 7,694PP

      ・エコノミー(予約クラスW,S)に搭乗した場合
      区間基本マイレージ4,863 x 積算率50% x 路線倍率1.5 + 搭乗ポイント0 = 3,647PP

      那覇=羽田間は片道1,968PPで同じです(国際航空券の国内線区間に該当のため:運賃4)。
      往復だと以下のようになります。

      ・プレミアムエコノミーに搭乗した場合
      (7,694 + 1,968) x 往復2 = 19,324PP

      ・エコノミー(予約クラスW,S)に搭乗した場合
      (3,647 + 1,968) x 往復2 = 11,230PP

      全く同じ区間を搭乗しても、予約クラスによってこれだけ獲得PPが違ってきます。

      ちなみに、PP単価を計算してみると、例えば

      プレミアムエコノミー:4/14〜4/16の日程では「155,390円」、
      エコノミー(W,S):近い日程では4/12〜4/19の日程が最安で「118,390円」

      で、現時点では販売されていますので(各種税金等込)、

      プレミアムエコノミー:155,390円 ÷ 19,324PP = 8.04円/PP
      エコノミー(W,S):118,390円 ÷ 11,230PP = 10.54円/PP

      となりますので、プレミアムエコノミーで搭乗したほうが効率的と言えますよね。
      記事執筆時より高くなっているのは、燃油サーチャージが今月から復活した影響ですね。
      往復で7000円プラスになります。

      獲得PPのシミュレーションはこちらのANA公式ページで確認できます。
      https://cam.ana.co.jp/amcmember/SimulationJaResult

  • タッキー様
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    大変初歩的なことをお伺いさせていただきます。

    旅程は どちらのサイトでしょうか?ANAのサイトの国際線で検索いたしますと下記の様な旅程表しか出てきません。
    https://aswbe-i.ana.co.jp/rei11b/international_asw/pages/revenue/search/roundtrip/search_roundtrip_result_owd.xhtml?aswcid=1&rdtk=mZmYhn2PvrFXlLcpracXYA9Y4vWHgIpIPkWLo1lBiHc%253D&rand=20170717165211EaFPiH6wtx
    タッキー様が検索しておられる(これを見ると、4月以降は値下がりしそうな気配がありますよねの下の部分)こちらの旅程表はどのようにすれば見れますか?どうぞよろしくお願い致します。

    • まり様

      コメントありがとうございます。
      そちらの画面は、「前後3日の運賃を比較」というオプションを選択すると表示できます。

      公式サイトトップ画面ですと、ここのチェックボックスにチェックを入れてください。
      ANAフライト検索-全然3日比較検索オプション

      また、通常検索した後でも、以下の画面のように、チェックボックスにチェックを入れることで、同様のことが可能です。
      ANAフライト検索-全然3日比較検索オプション

      • タッキー様
        ご丁寧に教えてくださりありがとうございました。
        閲覧できました。

        もう
        14万円台はどこを探しても無いですね^^; 20万が底値のようでした。
        残念です。
        タッキー様を見習い この後半からの挑戦か新年早々の挑戦にするか、、、、悩みどころです。

        • そうですね、この記事は去年の12月ですので、さすがに同じ値段では厳しいかも知れません。
          しかしながら、同程度の価格でいくつかまだ残っているようです。
          ただ、金曜日出発+日曜日戻りのような日程はもうないですね…

          那覇=シドニー-プレミアムエコノミー往復運賃
          那覇=シドニー-プレミアムエコノミー往復運賃
          那覇=シドニー-プレミアムエコノミー往復運賃
          那覇=シドニー-プレミアムエコノミー往復運賃
          那覇=シドニー-プレミアムエコノミー往復運賃

          これらの最安価格は「163,160円」ですが、一方の記事内では「148,400円」が最安と紹介していました。
          その差額は「14,760円」であり、記事執筆時点と現時点とを比較すると、
          その理由は燃油サーチャージ代がほとんど占めていると思われます。

          当時は燃油サーチャージがゼロ円でしたが、今(7月31日まで)はシドニーは片道7,000円かかりますので、往復で見れば相当額と言えますね。
          来月8月1日〜9月30日は、シドニーは片道3,500円に変更されますので、往復で7,000円ほど値下がりするはずです。

          『【ANA・JAL】燃油サーチャージは2017年8月発券分から日本発着路線で最大7000円値下げへ』
          https://ana-mileage.net/reduce-fuel-surcharge-effective-from-201708/

          燃油サーチャージ代が下がるとは言え、現時点でも利用可能な日程は少なくなってきているので、
          来月予約するのもなかなか判断に悩むところですね…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    こちらの記事も一緒に読まれています