【2017年SFC修行】ANA海外発券+エアチャイナビジネスクラスが驚異的なPP単価で修行できそう

エアチャイナでSFC修行

2017年のSFC獲得に向けていろいろと情報収集していたら、ANA海外発券の航空券がかなり安くSFC修行に向いているようでしたので、それを使ってできるSFC修行プランを考えてみました。


ANA海外発券が意外にお得という事実

日本に住んでいる方であれば通常航空券を購入するのは、例えば、東京発シンガポール行きのような感じで、日本発海外都市との往復航空券を購入しますよね。

一方、海外発券というのは、海外都市発日本行きの航空券を購入するもの。先の例で言えば、シンガポール発東京行きの航空券を購入することです。

この海外発券の航空券が意外にも安く手に入るので、PP単価でどのようなルートを選ぶか血眼になっている修行僧にとっては、検討してみる価値アリなルートになりそうです。

ANAマイルを貯める

東南アジア主要都市発の海外発券PP単価を比較してみた

海外旅作のような宿泊数縛り(最低2泊)がないので、比較的短い日程で済ますことができます。とは言え、あまり目的地が遠いとスケジュール調整が難しいですので、東南アジアの主要都市発東京行きの航空券を発券した場合の料金を比較してみました。

ひとまず2017年の祝日(成人の日と春分の日)を有効活用して行けるように、2017年1月8日海外発で3月18日戻りのエコノミークラス往復航空券です。SFC修行を見越して、国内区間として沖縄路線も含んだ金額になっています。

都市名料金獲得PPPP単価
シンガポール¥75,0308,904 8.43 
バンコク¥85,6709,099 9.42 
クアラルンプール¥48,3208,9425.40

※バンコク発東京行きは予約クラスQで復路は予約クラスWでしたので、料金、獲得PPが高くなっています。

こうやって比較してみると、圧倒的にクアラルンプールが安いことが分かります。PP単価5円台ですからね…これは驚異的な安さですね!

これを使ってSFC修行に組み込めるかプランを考えてみます。

海外発券をどうやってSFC修行に利用するの?

まずは日本発のスターアライアンス加盟航空会社便を探す

もちろんこれだけでは、日本に住んでいる我々は修行を開始できませんよね?なぜなら、日本発クアラルンプール行きの航空券がないからです。

ということで、スターアライアンスに加盟している航空会社で日本からクアラルンプールに安く飛んでいるフライトを探してみました。skyscannerというサービスが使いやすくてオススメですよ。

2017年1月7日東京発で3月19日にクアラルンプールから戻ってくる予定プランの結果です(ビジネスクラス利用)。

スカイスキャナーでビジネスクラス

エアチャイナが、北京経由のフライトでビジネスクラス往復約8万円という激安の航空券があります!!

この航空券と先ほどのANA海外発券の航空券を組み合わせることで、東京発クアラルンプール行のルートを2往復することができるようになります。

ちなみに、エアチャイナのフライトはエコノミークラスでも約3万3千円ほどで往復航空券が出ているのですが、獲得PPが少なくなってしまうのでここでは除外しました。北京経由ですので、搭乗時間がどうしても長くなってしまいますので、ここは快適なビジネスクラスで行きましょう!

ANA―エアチャイナ間の積算率の対応関係を確認しておきましょう

スターアライアンス加盟航空会社のフライトでもPPは貯められますが、実際にどれだけ貯められるか理解しておきましょう。

獲得できるプレミアムポイントは以下のように計算されます。

ANAプレミアムポイント計算

区間基本マイレージは発着ルートによって決まっておりますし、スターアライアンス加盟航空会社運航便は路線倍率は1倍ですので、他に変わる要素は「積算率」と「搭乗ポイント」になります。

エアチャイナでビジネスクラスに搭乗した場合、どの予約クラスでも積算率は125%です。

エアチャイナビジネスクラスの積算率

そして、搭乗ポイントはこのようになっています。スターアライアンス加盟航空会社運航便搭乗ポイント

例えば、北京―クアラルンプール間の区間基本マイレージは2,700ですので(参考サイト)、エアチャイナのビジネスクラス搭乗時に獲得できるプレミアムポイントは以下のように計算されます。

2,700×125%×1+400=3,775PP

ANAグループ運行便ですと東南アジア路線は1.5倍となる路線倍率ですので、SFC修行時は獲得PPと費用のバランスを見ながら選択する必要がありますね。

ANAクアラルンプール発をエコノミークラスで発券した場合

それでは、ANA海外発券をエコノミークラス、そして日本では沖縄発着にして発券した場合の全旅程の費用、獲得PP、PP単価、獲得マイル数を計算してみます(獲得マイル数の計算ではANAゴールド保有を前提)。

2017年の成人の日と春分の日を使い、かつ現時点(2016年9月10日)で空席のある旅割も含めての完全ルートです。

ANA海外発券クアラルンプール往復エコノミー

※画像クリックで拡大表示できます

かなりインパクトある数字が出ました!159,000円で23,526PPを獲得し、そのPP単価は6.76円です。

3月18日からの三連休は旅割でさえもうこの価格で、次のフライトに間に合う旅割75はもう売り切れてました。この部分がネックではありますが、それでも6円台はかなり優秀な数字ですし、一部はビジネスクラスに搭乗してるわけですし。いやー、これはスゴイ。

ただ、注意点としては、クアラルンプールでは合計2泊、沖縄では1泊が必要ですので、別途その費用がかかってきます。


ANAクアラルンプール発をビジネスクラスで発券した場合

エコノミークラスの時と同じ日で、今度はANA海外発券をビジネスクラスにして発券した場合の全旅程の費用、獲得PP、PP単価、獲得マイル数を計算してみます。

フライトスケジュールは全く一緒で、ANAクアラルンプール―成田間がビジネスクラスになっています。

ANA海外発券クアラルンプール往復ビジネス

※画像クリックで拡大表示できます

それでも、PP単価は8.18円です!!これは驚異的!

国際線区間はすべてビジネスクラスですので、かなり快適なフライトになること間違いなしですね。ビジネスクラスですので、クアラルンプールから成田に到着して沖縄までのフライトの間は、アライバルラウンジを利用することも可能ですしね。

2回の三連休使うだけで3万PP以上を獲得できるので、なかなか休みが取れない人にはかなりオススメできるプランです。

メリット

こういうやり方にも、メリット・デメリットありますので、それぞれ見ていきましょう。まずはメリットから。

予約変更が可能

旅作のようなツアーと違い、普通に航空券を購入しているだけですので、予約変更が可能です。

エアチャイナ(ビジネスクラス)は無料、ANAはエコノミークラスで発券時は5,100円、ビジネスクラスで発券時は「制限がある」とは書いてありますが、実際いくら掛かるかはよく分かりませんでした。。

[追記] ビジネスクラスで発券したフライトを変更したのですが、無料で変更可能でした!

有給休暇取得が不要

三連休をまるまる使うスケジュールで完結しますので、有給休暇をさらに取得する必要がありません。休みが取りにくい方にとっては魅力的ですね!

ビジネスクラスで修行できる

ここで紹介したプランであれば、エアチャイナ路線はすべてビジネスクラス、ANAもビジネスクラスで発券すればそれで修行ができます。一般的に、ビジネスクラスで修行するとPP単価10円を切ることはまずあり得ませんので、そういう意味でもこのプランはかなりステキですね〜。

SKYコインでの支払いが可能

エアチャイナ部分は指定の支払い方法(クレジットカード)ですが、ANAグループ運行による路線はSKYコインでの支払いが可能です。実費での支出ではなくマイルをSKYコインに交換して、それで修行をしようとしている方にはこれまた大きなメリットになります。

デメリット

デメリットについても見ていきます。

アップグレードポイントが10ポイントしかもらえない

ANAでは1年間の搭乗実績によって、以下のようにアップグレードポイントがもらえます。

ANA獲得アップグレードポイント一覧

SFC獲得までの50,000PPをどのように獲得していくかは人によって様々異なるのですが、上記の方法で乗るとエアチャイナの路線で11,632PPを獲得できますので、50,000PPを少し超えるくらいで解脱した場合には、ANAグループ運航便でのPPが40,000に届かないので20ポイントはもらえず、10ポイントしかもらえないことになります。

さらにスターアライアンス加盟航空会社便でPPを獲得して、例えば27,000PPをANAで、23,000PPをスターアライアンス加盟航空会社便で獲得したとすると、翌年度のアップグレードポイントは8ポイントしかもらえないことになります。

これをデメリットと考えるかはまた考え方次第なところで、修行にかかる費用を抑えようと思えばアップグレードポイントのことなど気にせず費用をどんどん抑えるのが得策と思いますが、PP単価が許容範囲内であればSFC解脱した翌年は、アップグレードポイントを使ってエコノミーをプレミアムエコノミーとかビジネスクラスにアップグレードして旅行を楽しみたいと考える方もいるでしょう。

観光など楽しめる時間がほぼない

タイムテーブルを見てもらえれば分かるように、現地で滞在している時間がほぼありませんね。沖縄1泊時に少し居酒屋に行ける??、2回目のクアラルンプール訪問時には日中めいっぱい観光する時間があるくらいです。

まぁ、SFC修行ですので、修行僧らしく(?)修行に徹するのもアリですが、個人的にはせっかくなので現地も楽しみたいなと考えるタイプです。

宿泊費が必要になる

今回紹介したスケジュールでは、クアラルンプール2泊、沖縄で1泊が必要ですので、これらの費用が別途かかってきます。

エアチャイナ路線はSKYコインでの支払いができない

エアチャイナ発券部分はSKYコインでの支払いが出来ませんので、持ち出しとなります。マイルを貯めてそれをSKYコインに交換し、SKYコインで航空券や旅作などを購入してSFC修行に臨もうとしている方にとっては(私もその1人ですが)、悩みどころかも知れません。

しかし、例えば、もともと現金で10万円程、SKYコインで40万円相当(250,000マイル×1.6倍)で修行の予算を組まれていたりすれば、このあたりは気にならないかも知れませんね。

エアチャイナビジネスクラスでSFC修行向けの路線とは?

今回の記事ではクアラルンプール往復を取り上げましたが、エアチャイナビジネスクラス利用によるPP単価的にオススメのルートを調べてみましたので、こちらの記事も参考にされてみてください。

エアチャイナビジネスクラスでSFC修行
エアチャイナビジネスクラスをSFC修行のルートに考えている人って意外といるようですね。そこで今回は、2017年SFC修行に使えそうな、エアチャイナのビジネスクラス路線のPP単価を中心に調べてみたので、ルート選びの参考にしてみてください。 エアチャイナビジネスクラスをSFC修行の選択肢にする理由 ...続きを読む

2016年10月30日に新規就航する羽田=クアラルンプール線でSFC修行は可能なのか?

今回の記事では、ANAのクアラルンプール線は成田発着のルートでしたが、今月10月30日に羽田=クアラルンプール線が新規就航します。この路線で、エアチャイナビジネスクラス利用とANAはクアラルンプール線を羽田発着にしてみた場合のPP単価を計算してみましたので、ぜひこちらの記事も参考にされてみてください。成田線とは運行スケジュールが異なりますので、選択肢が広がることになりますね!

ANA機@羽田空港
今月10月30日に羽田=クアラルンプール線が新規就航します。既存では成田=クアラルンプール線があり、海外発券でかなり効率的なSFC修行が可能でしたが、今回新規就航する羽田はどうなるのか調べてみましたので、その検証結果についてご紹介します。 2016年10月30日に羽田=クアラルンプール線が新規就航...続きを読む

一方、今回の羽田線新規就航に伴い、既存の成田線がいわゆる「成田縛り」の影響を受けるのか、あるいは運行スケジュールが変更になる程度なのかなど気になる点もありますので、これからSFC修行のスケジュールを組もうと考えている方、あるいは「既に成田=クアラルンプール線予約しちゃってるよ・・・」という方も、一度お読みいただきたいと思います。

2016年10月30日に、ANAにて羽田=クアラルンプール線が新規就航します。ANAは東南アジア路線を強化していますが、先月の成田=プノンペン線に次いでの新規就航となります。 また、ANAは成田=クアラルンプール線を既に就航させていますので、通称「成田縛り」と呼ばれるルールが厳密に適用されるのか、...続きを読む

また、羽田便と成田便の運賃や運行スケジュールによる使い勝手について、比較検討してみましたのでこちらも参考してみてください。

ANA離陸
今月末10月30日に新規就航する羽田=クアラルンプール線。 既存で成田=クアラルンプール線があるのですが、海外発券のクアラルンプール線がSFC修行に使えることは以前お伝えしているのですが、今回は羽田便と成田便で運賃にどのような差があるのか調査し、どちらが使い勝手が良いのか検証してみましたので、その...続きを読む

まとめ

ANA海外発券のクアラルンプール便がかなりお得でしたので、それを使ってSFC修行用のルートをご紹介しました。

観光できる時間などほぼありませんので、ただひたすら飛行機に乗り続けるプランではありますが、修行僧らしい修行でも構わないというのであれば、かなりオススメできるプランではないかと思います。

特に、ANA運航便をビジネスクラスにしても全体のPP単価が8円台というのはやはり驚異的ですし、ビジネスクラスでかなり快適なフライトでもありますので、かなり惹かれます(苦笑)(私は既に成人の日の三連休は海外旅作でシンガポール往復が確定しているので、別の日で考えてみようかな。。)

[2016.9.14追記] 私の住んでいる福岡からのルートで、このビジネスクラス利用プランを検討してみました↓

ANA787ビジネスクラスシート
来年2017年から始めるSFC修行のルートについて、ビジネスクラスでもPP単価的に全然問題ないルートがあることが判明したので、修行ルートをどうしようかいろいろと悩んでいます。そのいきさつについて、今回は書いてみたいと思います。 第1回目のSFC修行ルートは海外旅作シンガポールプレエコ往復で確定済...続きを読む
[2016.11.23追記] 観光したいわけではないですが、クアラルンプールタッチはイヤなので、タイ航空ビジネスクラスでバンコクに行くことにしました↓

タイ航空ボーイング747-400
2017年SFC修行にて、クアラルンプール=バンコク往復をタイ航空ビジネスクラスで予約したので、予約までの経緯やPP単価、ビジネスクラスで楽しみにしていることについてご紹介します。 クアラルンプール=バンコクをタイ航空ビジネスクラスで予約 ビジネスクラスで予約した経緯 もともとのSFC修行ルー...続きを読む

最後に注意点ですが、今回の記事で書いた内容が、実績を元にしているわけではなくあくまで机上の計算で書いていますので、間違いが含まれている可能性がありますので、ご利用する際は自己責任にてお願いします。また、今後の為替変動やサーチャージ等に伴い、運賃や変更等手数料が変わる場合もありますので、ご注意ください。

関連記事

エアチャイナビジネスクラスでSFC修行
エアチャイナビジネスクラスをSFC修行のルートに考えている人って意外といるようですね。そこで今回は、2017年SFC修行に使えそうな、エアチャイナのビジネスクラス路線のPP単価を中心に調べてみたので、ルート選びの参考にしてみてください。 エアチャイナビジネスクラスをSFC修行の選択肢にする理由 ...続きを読む
スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む
ANA飛行機
2016年もあと4ヶ月ほどになりました。私も含め2017年にSFC修行を始めようとしている人は、そろそろ予約など動き出す頃だと思います。今回はSFC修行するにあたり、どうやって行うのが費用と時間の面で効率的なのか、その方法をまとめてみました。 1プレミアムポイントの取得単価で良し悪しを判断 SF...続きを読む
シンガポールのマリーナベイサンズとマーライオン
2017年1月以降の旅割予約が開始されたことで、2017年から始めるSFC修行のルートを検討していたのですが、その第1弾が確定したのでご紹介します。 SFC修行のおける私の前提条件 まず前提として、私がどのような基準でルート選定しているか?ですが、現在は福岡市在住 自営のため比較的...続きを読む
ANA Boeing 747
海外旅作でシンガポールとかバンコク、シドニーあたりをプレミアムエコノミーで往復するルートが、大量プレミアムポイント(PP)を獲得できる方法としてオススメでした。しかし、よくよく価格を見ていくと2017年4月以降はSFC修行ルートには全く向かない価格になっていましたので、その詳細についてご紹介しておき...続きを読む
2017年3月末までの旅割が発売になったことで、2017年にSFC修行を始めようとしている方は予約など動き出していると思います。しかしながら、お住まいの地域が東京近郊ばかりではないと思いますので、私自身も福岡市在住ですので、どうしても地方発のフライトを起点に考えなければなりません。同じような悩みを持...続きを読む


ANA海外旅作の価格が一目瞭然!






ANA海外旅作の価格一覧を一覧で見れるページを作成しました。
どの日程がPP単価が良いのか?安いのか?など一覧の中から見つけることができます。
SFC修行や旅行の計画に活用ください!



2 件のコメント

    • かめ太郎様

      コメントいただきありがとうございます!
      しかもブログでご紹介までしていただき有難い限りですm(_ _)m

      いやーしかし、スケジュール表が色までそっくりですね(笑)
      RSS登録させていただきましたので、今後のSFC修行記も楽しみにしています♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    こちらの記事も一緒に読まれています