【シンガポール航空A350-900MH】シンガポール=関空便ビジネスクラス搭乗レビュー|シートも多機能で快適、機内食も抜群の美味しさで世界最高レベルの評価も伊達じゃない

シンガポール航空620便(A350-900MH)-ビジネスクラス搭乗レビュー

ANAマイルを使って特典航空券を発券したシンガポール航空ビジネスクラス(A350-900MH:Medium Haul;ミディアムハウル)で、シンガポールから関空へのフライトに搭乗したレビューをご紹介したいと思います。

「Medium Haul;ミディアムハウル」とは中距離仕様のことで、2020年1月1日からシンガポール=関空間のA330-300型機はこのタイプの機体に変更されました。


ANAマイル特典航空券で2020年の年明けは東南アジア旅行に行ってました

ANAマイルを使った特典航空券で、ベトナム・ハノイなどいろいろ乗り継ぎしながらマレーシア・クアラルンプールを最終目的地に旅行してきました。

全体のスケジュールやどういったプランかなどはこちらの記事を参考にされてください。

ベトナム・ニャチャン-ビーチ
2020年の年明けから、ANAマイルを使った特典航空券でベトナム・ニャチャンとマレーシア・クアラルンプールに行ってのんびり過ごす予定です。今回は、その旅程の内容やどんなことを楽しみにしているかについて紹介したいと思います。 全体の旅程はストップオーバーありのシンプルな往復 今回の旅程です...続きを読む

今回は復路でシンガポールから日本(関空)に帰国するフライトを紹介したいと思います。

待ち時間無しのチェックイン

前日の夜にクアラルンプールからシンガポールに到着し、空港近くのホテルにて宿泊。

6時にはチェックアウトしてチャンギ空港第3ターミナルにやってきました。

このとき朝6:30。我ながら、よく頑張って早起きしたと思います。苦笑

シンガポール航空SQ620-チェックイン

ビジネスクラスのチェックインカウンターは行き先に関わらず手続き可能で、カウンターのほとんどがオープンしていたので待ち時間もほぼなくチェックイン手続き完了。

シンガポール航空SQ620-チェックイン

このあと搭乗まで、シンガポール航空のシルバークリスラウンジにて過ごしました。

シンガポール航空「シルバークリスラウンジ」T3
シンガポール航空でシンガポール・チャンギ空港から関西国際空港に向かう際に、シンガポール航空の「Silver Kris Lounge(シルバークリスラウンジ)」を利用しました。こちらのターミナルでは初めてこのラウンジを体験したのですが(以前利用したのはターミナル2のシルバークリスラウンジ)、今...続きを読む

搭乗開始しました

ラウンジを後にして搭乗ゲート前にやってきました。

上級クラス向けのレーンは空いているようです。それでは早速進んでいきましょー。

シンガポール航空SQ620-搭乗

今回お世話になる、シンガポール航空のA350-900MH(ミディアムハウル)。

シンガポール航空A350-900MH

反対側にはA380がいたので、こちらも記念にパチリ。

シンガポール航空A380 シンガポール航空A350-900MH

それでは機内に乗り込んでいきましょう!


シンガポール航空A350-900MHのビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプ

今回の機材はA350-900(A359MH)のビジネス・エコノミー合計303席のもので、ビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプの座席配置になっています。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

シートピッチは60インチ(約152cm)、シート幅は28インチ(約71cm)となっています。

座席の上には毛布や枕がすでに置かれています。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

オットマンの奥行きもけっこうあり、フルフラットにした時は身長171cmの私ではかなり余裕がありました。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

普通に座った時の、足元の広さはこんな感じ。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

モニターサイズとしては普通に十分な大きさでした。(正確なインチは不明)

モニター上は引っ張れるようになっていて、モニターを少し下向きに傾けることができます。

シートをベッドのようにした時でも、モニターを見やすくしているということですね。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

ヘッドホンやスリッパ、耳栓に靴下はこちらに。

靴下のアメニティは初めてでした(^^)

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

サイドテーブルと、シートリモコン、モニターリモコンはこんな感じ。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

通常はディスプレイがOFFになっているのですが、軽くタップするとONになり、あとはタッチパネルで操作できるようになります。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

またライトも3種類あって照らすエリアが異なり、左からテーブル用、読書用、ベッド使用時用のような感じに分かれていました。

これ使い分けると地味に便利ですよ。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

通路を挟んだ隣の席はこんな感じに見えます。

顔の部分に大きなシェードが張り出しているので、相手の顔が視界に入ることは無いですね。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスキャビン

ビジネスクラスは40席あります。

この写真で見えている前方エリアには28席あります。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスキャビン

この後ろ側あるトイレや非常口を挟んで、12席あります。

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスキャビン

ウェルカムドリンクはリンゴジュースベースの特製カクテルを頂きました♪

シンガポール航空A350-900MH-ビジネスクラスシート

この時のビジネスクラスの搭乗率は4〜5割程度だったかと思います。

食事&ドリンクメニュー

機内食用のメニューはシートに予めセットしてあったので早速チェックしていきましょう。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

このフライトでは私は食べませんでしたが、かなりラーメン推しですね。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

こちらが和食のメニュー。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

そしてこちらが洋食のメニュー。

メインは、

  • 牛頬肉の赤ワインソース煮込み
  • 名物シンガポール風チキンライス
  • けいすけ味噌豚骨ラーメン

から選択します。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

続いて、ドリンクメニュー。

シャンパンはローラン・ペリエ。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

白ワインはシャブリなど2本。(メニューには4本載ってますがその時によって異なる)

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

赤ワインは3本。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

フォーティファイドワイン(醸造過程でアルコールを加え度数を高めたワイン)もありました。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

こちらはカクテルメニュー。

シンガポールスリングもありますねー。

昔、ラッフルズホテルにあるロングバーでシンガポールスリングを飲みに行きました。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

こちらはウィスキーやウォッカなどに加え、日本酒もこちらにありました。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

このあたりはノンアルコールカクテル。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

その他のソフトドリンク。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

コーヒーはillyのもののようですね。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

紅茶はTWGのようです。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

お茶類もけっこう種類がありますね。

シンガポール航空SQ620-ビジネスクラスメニュー

ドリンクメニューは種類が豊富ですね。

特にソフトドリンクが充実しているように思いました。

朝日を見ながらの離陸

タキシング中はいろいろな航空機を見るのが楽しいです。

ガルーダ・インドネシア航空@チャンギ空港

JAL機が横切っていったり。

日本航空@チャンギ空港 タイ航空@チャンギ空港

程なくして離陸しました。

太陽が海面に反射していますねー。

シンガポール航空SQ620-離陸 シンガポール航空SQ620-離陸

右に大きく旋回しているところ。

シンガポール航空SQ620-離陸

高度が上がるにつれて外は青っぽくなってきました。

シンガポール航空SQ620-離陸

シンガポールの沖合に停泊する船は、ある種シンガポールらしく感じます。

シンガポール航空SQ620-離陸 シンガポール航空SQ620-離陸

食事は洋食、メインはシンガポール風チキンライスをセレクト

ドリンクはまずはシャブリをオーダー。

シンガポール航空SQ620-ドリンク

出発が8:25のフライトだったので、最初はアルコールなどのドリンクとナッツだけの提供でした。

確か日本時間で11時頃から昼食を用意しますと言っていました。

映画を観たりして過ごしていると昼食の前菜が運ばれてきました。昼食は洋食をオーダー。

この時から飲み物は赤ワインに変えました(^^)

シンガポール航空SQ620-食事(洋食)

そしてメインにはシンガポール風チキンライスをオーダー。

このチキンライス、めちゃくちゃ美味しかったです!

御飯にしっかりと味がつくよう炊き込んであるし、チキン自体もとても柔らかく、チリソースや醤油ベースソース、ガーリックソースなんかで味変も美味しく楽しめます。

シンガポール航空SQ620-食事(洋食)

デザートにはクッキーアンドクリームのアイスクリーム。

シンガポール航空SQ620-食事(洋食)

その後はチーズなどと一緒にワインを飲んでました。

シンガポール航空SQ620-食事(洋食)

やはり日中の便だと食事やアルコールをしっかりと楽しめるので、こういう時間帯のフライトが良いですねー。

機上からの景色はいつ見ても美しい

いつ乗っても機上から見る景色って素晴らしいと思うんですよね。

シンガポール航空SQ620-機上からの景色

こういう澄み切った青い空なんかは、見てるだけでどこか感動してしまいます。

シンガポール航空SQ620-機上からの景色 シンガポール航空SQ620-機上からの景色

予定より少し早く大阪・関西国際空港に到着

フライト時間は6時間程度で、映画みたりしながら過ごしていました。

予定より20-30分早く到着できそうとのアナウンスがあり、目的地である関空が近づいてきました。

シンガポール航空SQ620-関空に着陸

関空は海の上なので、海面ギリギリを飛んでいる感じになります。

シンガポール航空SQ620-関空に着陸

この日はちょっと雲の多い天気でしたね。

シンガポール航空SQ620-関空に着陸 シンガポール航空SQ620-関空に着陸

ということで、大阪・関西国際空港に無事到着しました。

まとめ

ANAマイルを使って特典航空券を発券したシンガポール航空ビジネスクラス(A350-900MH:Medium Haul;ミディアムハウル)で、シンガポールから関空へのフライトに搭乗したレビューを紹介しました。

ビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプのシートが40席配置され、シートピッチは60インチ(約152cm)、シート幅は28インチ(約71cm)となっていてとてもゆったりと過ごせます。シートもとても機能的に作られています。

また機内食もかなり充実していて個人的には大満足のフライトでした。

関連記事

ベトナム・ニャチャン-ビーチ
2020年の年明けから、ANAマイルを使った特典航空券でベトナム・ニャチャンとマレーシア・クアラルンプールに行ってのんびり過ごす予定です。今回は、その旅程の内容やどんなことを楽しみにしているかについて紹介したいと思います。 全体の旅程はストップオーバーありのシンプルな往復 今回の旅程です...続きを読む
シンガポール航空「シルバークリスラウンジ」T3
シンガポール航空でシンガポール・チャンギ空港から関西国際空港に向かう際に、シンガポール航空の「Silver Kris Lounge(シルバークリスラウンジ)」を利用しました。こちらのターミナルでは初めてこのラウンジを体験したのですが(以前利用したのはターミナル2のシルバークリスラウンジ)、今...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています