ANAマイル大量獲得に必須のソラチカカード、その魅力と特長まとめ

ソラチカカード

ANA陸マイラー活動をする上で、欠かすことのできない必須アイテム、「ANA ToMe CARD PASMO JCB(通称、ソラチカカード)」。

その魅力と特長、気になるポイントについてまとめてみました。


なぜソラチカカードが必要なのか?

なぜこのソラチカカードが必須なのか、その理由についておさらいしておきましょう。

ANAマイル貯め方決定版!これを見れば理解できるその仕組み」でも書いていますが、それはメトロポイントからANAマイルへの交換比率にあります。

メトロポイントとANAマイルの交換比率

(※「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」より)

メトロポイントからANAマイルへの交換が「100メトロポイント=90マイル」とあります。交換比率は「0.9倍」にもなっています。

通常は0.5〜0.6倍の交換比率ですので、大量のANAマイルを貯めようと思うならば、このルートを通らなければかなりの損をしていることになります。

私はよくヤフーショッピングとかヤフオクを利用するのですが、いろいろなキャンペーンをやっていることもありTポイントがよく貯まります。しかし、このTポイントからANAマイルへ直接交換できるのですが、交換比率は「0.5倍」で、10,000Tポイントを交換した場合には5,000ANAマイルにしかなりません。

各種ポイントサイトを経由して同等価値でメトロポイントに交換できた場合、同じ10,000メトロポイントでは9,000ANAマイルに交換することができます。その差、4,000マイル。10万ポイントであれば、40,000マイルもの差になり、余裕で特典航空券に交換できるほどの差になってしまいます。

 

これが”かなりの損をしている”ということの意味ですね。このブログをお読みの方はマイルに興味のある方だと思いますので、この事実を無視するわけにはいきませんよね!?

では、「メトロポイントをどうやって貯めるのか?」ということになりますが、”メトロなので地下鉄に乗る”わけでもありませんし、クレジットカード決済で貯めるわけでもありません。

各種ポイントサイトでポイントを獲得してそれを交換していくだけなのですが、もしまだANAマイル大量獲得の仕組みがあやふやだなと思われる方は、まずはこちらをお読みください。

マイルを効率良く貯める仕組み
これを見れば非常にシンプルな、大量のANAマイルの貯め方を理解できます。 まずは固定概念を壊しましょう 「固定概念?マイルの貯め方じゃないの?」 そう思われた方、申し訳ありません。 何を隠そう私自身がそうだったのですが、固定概念があると実はマイルは貯まらないんです… その固定概念とは、 ...続きを読む

この「0.9倍」もの交換比率があるのは、現状、このソラチカカードだけなのです。このカードを保有していることにより、このブログで紹介している方法によって、大量のANAマイルを貯めることが可能になっているのです。

ANA陸マイラーになるために早速発行しよう

もしこのソラチカカードをまだ持っていない場合には、早速発行しましょう。

ANAカードは複数枚の保有が可能ですので、現時点でANAカードを持っているからといって発行できないわけではありません。

ただ現時点(2016年6月18日時点)では、残念ながらハピタスなどのポイントサイトではソラチカカード発行案件はありませんので、To Me Cardサイトから直接申し込むことになります。

=== (2017.8.15追記) =======================

2017年8月31日までの期間限定ですが、ポイントサイトのPONEYでソラチカカード発行で2,000円相当ポイント獲得キャンペーンを開催中です。

ソラチカカード
ANA陸マイラーにとって必須のクレジットカード、それが「ANA To Me CARD PASMO JCB」。通称、ソラチカカード。 このクレジットカード発行に際し、ポイントサイト経由で発行できればその獲得ポイントをマイルに交換できるのですが、残念ながらポイントサイトからはその案件は完全にその姿...続きを読む
[2017.8.16追記]想定外に人気だったようで、わずか1日でキャンペーンが終了となりました。現在はこのキャンペーンには申し込めませんので、ご注意ください。

========================================

(一部ポイントサイトで「To Me Card Prime」の発行案件が掲載されていますが、こちらのカードではありませんのでくれぐれも発行しないようご注意ください)

ソラチカカードを発行する際にはこちらも参考にください。

ソラチカカード発行キャンペーン
陸マイラー必携となった「ソラチカカード」。陸マイラー活動する上で欠かすことのできないアイテムになりました。現状ではどのように申し込むべきなのかまとめてみました。 ソラチカカードはJCBキャンペーンサイトから直接申し込もう 効率的にANAマイルを試していくためには必携にクレジットカードです。 ...続きを読む

また、ソラチカカード発行の際は、「マイ友プログラム」も活用しボーナスANAマイルをもらいましょう!

ANA陸マイラークレジットカード
ソラチカカードは、ANAマイルを貯めるなら必携のANAカードとして知られています。 ソラチカカードはクレジットカードですので、ポイントサイトを経由してポイントバックを狙いたいところですが、現在では残念ながらそういった案件は出ていません。 ポイントサイト内を検索して「ポイント獲得できる案件がなかっ...続きを読む

ソラチカカード発行申込時の注意点

申し込む際にはいくつか注意点があります。

ソラチカカードはANA陸マイラー活動をする上で必須アイテムなのですが、逆に言うと、これで審査落ちしてカード発行できなくなると効率的な陸マイラーは難しくなります(ソラチカルートが使えなくなって効率が落ちるだけでANAマイルが貯まらないわけではありません)。

陸マイラー活動に気を取られてクレジットカードを大量に発行していたりする人がいますが、重要なことはポイントを貯めてソラチカルートでANAマイルに交換することですから、最初にソラチカカードを発行してから、勢力的に活動されたほうが安心かと思います。

ですので、発行時には以下の点について注意ください。

  • 半年以内に大量のクレジットカードを発行していない
  • クレヒスがしっかりある

もしこれらについて不安な点がある場合には、然るべきタイミングで申込されることをオススメします。

コースの選択の仕方

ソラチカカードを発行する際に、

  • マルチポイントコース
  • マイル自動移行コース

を選択することができます(発行後も変更可能です)。そしてそれぞれに、

  • 5マイルコース
  • 10マイルコース

がありますが、陸マイラーとしては、どれを選択したら良いのでしょう?

 

利用合計金額1,000円で1ポイント(Oki Dokiポイント)がもらえるところは共通です。

異なるのは、

  • マルチポイントコース→Oki Dokiポイントから商品交換、メトロポイント、ANAマイルへ移行可能(手続き必要)
  • マイル自動移行コース→Oki DokiポイントからはANAマイルへの自動移行のみ

となります。そして、

  • 5マイルコース→マイル移行手数料無料、1ポイント=5マイルで移行
  • 10マイルコース→マイル移行手数料 5,000円(税別)/年間、1ポイント=10マイルで移行

となっています。

マルチポイントコースとマイル自動移行コースはどっち?

マルチポイントコースは商品に交換できたり、メトロポイントに交換できたりしますが、この点はおそらくANA陸マイラーとしては魅力に欠けると思います。ということで、移行手続きの不要なマイル自動移行コースが良いのでしょうか?

マイル自動移行コースでは次の点に注意すべきです。

  • マイルの有効期限切れ
  • (10マイルコースの場合)マイル移行手数料が毎年発生する

 

最初の「マイルの有効期限切れ」ですが、自動移行のため、Oki Dokiポイントが発生したらすぐにマイルに移行されます。ANAマイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末ですので、36ヶ月後からは毎月のように細々とマイルが失効していくタイミングがやってきます。

OkiDokiポイントの有効期限は、ANA JCB一般カード(ソラチカカードを含む)だと獲得月から24ヶ月となっています(ANA JCBゴールドカードは獲得月から36ヶ月)。Oki Dokiポイントの有効期限を活用して、より長くマイルを有効にしておくためには、自分の好きなタイミングで交換できるマルチポイントコースで、Oki Dokiポイントの有効期限が切れる直前にANAマイルに交換するのがベストな選択になります。

すると、マイル移行手数料も毎年支払う必要がなくなりますので、交換した年だけマイル移行手数料を支払えば良いということができます。

つまり、マルチポイントコースを選択すべき、ということになります。

もちろんですが、Oki Dokiポイントの有効期限には気をつけてくださいね!!

5マイルコースと10マイルコースはどっち?

考えるポイントとしては、マイル移行手数料5,000円にあります。

仮に、年間100万円分をソラチカカードで決済したとすると、

  • 5マイルコース:5,000マイル獲得
  • 10マイルコース:10,000マイル獲得

となります。その差5,000マイルを獲得するのに、マイル移行手数料として年間5,000円(税別)を払うべきかどうかという点で判断が分かれます。

私個人の考えでは、マイル還元率はもっと高いクレジットカードがありますので、ソラチカカードはメインの決済カードではなく、あくまでもマイル移行のための中継ポイントとして使うのがいいのかなと考えています。

ですのでオススメは、「5マイルコースです。

以上から、「マルチポイントコースで5マイルコース」を選択されることをオススメします。

ソラチカカードはあくまでもANAマイル交換のための中継ポイント

メトロに乗車してもメトロポイント貯まるけど微々たる程度

ソラチカカードでは次のような利用でもメトロポイントが貯まります。

  • 乗車ポイント:平日5メトロポイント / 休日15メトロポイント
  • 電子マネーポイント:自販機100円=1メトロポイント / 店舗200円=1メトロポイント

東京近郊にお住まいの方であれば、普段利用する機会もあると思いますので、切符買っているくらいであればソラチカに搭載のPASMOで乗車すればいいでしょうが、大してたまるものではありませんので、取りこぼしのないように使う程度が限界かと思います。

東京メトロを使う機会がなければ乗車ポイントが貯まることはありませんが、我々陸マイラーにとっては関係ありませんね。

クレジットカード決済では貯まらない

クレジットカード決済で大量マイルを貯めるのは、我々一般人には現実的に難しいのです。もちろん、日常的に発生する支払いをクレジットカードで決済することで、少しでもマイルを貯めていくのはとても良いことですし、むしろ取りこぼしが無いようにもしていきたいところです。

ソラチカカードのコース設定でも考察しましたが、クレジットカード決済でマイルを貯めたい場合には、もっとマイル還元率の高いクレジットカードがありますので、そちらをオススメします。

ANA VISA ワイドゴールドカード
当ブログでは、SFC取得を最初に目指した後、マイルを特典航空券に交換して、より満足度の高いフライトライフを目指しています。(その背景については「ANAマイルの貯め方をお伝えしたいと思ったきっかけ」をお読み下さい) そうした時に、なぜ「ANA VISAワイドゴールドカード」が持つべきANAカードとし...続きを読む

メトロポイントからANAマイルへ0.9倍もの高交換率の恩恵を得るために発行するべき必須のクレジットカードですが、決済用カードとしては向きません。

還元率1%のクレジットカードで、毎月30万円決済して得られるマイルは年間36,000マイルです。大人1人がエコノミークラスで東南アジアに特典航空券で旅行する程度のマイルしか貯まりません。

我々陸マイラーがすべきことは、ポイントサイトでポイントを貯めることに集中すべきです。

ソラチカカードのデメリット

ANA陸マイラーにとっては良いことづくしのような気もしますが、デメリットも存在します。

  • 毎月20,000メトロポイントまでしか移行できない
  • ANAマイルへの交換が遅い

高交換率を実現しているため、無制限に交換されては安定的な運営が破綻してしまいますので、毎月20,000メトロポイントまでの交換しかできないようになっています。それが18,000マイルに交換されます。

ですので、ポイントサイトにポイントはたくさんあるので交換率が下がってもいいのでANAマイルに交換したいという場合には、PeXからTポイント経由でANAマイルに交換していくことになります。この場合には、TポイントからANAマイルへの交換時に0.5倍に目減りします。もちろん、Tポイントとしてそのまま使ってもいいですし、現金化していいと思います。

それから、PeX→メトロポイント→ANAマイルへの交換には時間がかかります。

PeX→メトロポイントでは、PeXでの毎月15日までの申し込み分が、翌月11日にメトロポイントに交換されます。

メトロポイント→ANAマイルでは、メトロポイントの毎月15日までの移行申請分が、翌月11〜14日頃にANAマイルに交換されます。「翌月11〜14日頃」と書いたのは、厳密に何日と決まっているわけではないですので、メトロポイントからANAマイルに移行した私の実例で記載しました。

まとめ

ソラチカカードの魅力や、発行時の注意点、デメリットについてまとめました。

  • 大量のANAマイルを貯めるには必須のクレジットカード
  • ソラチカカード申込時にはカード発行状況やクレヒスに注意
  • ソラチカカードのコースは「マルチポイントコースで5マイルコース」がオススメ
  • クレジットカード決済でマイルを貯めるメイン用カードとしては魅力に欠ける
  • 毎月20,000メトロポイントまでしかANAマイルに交換できない

ソラチカカード発行時には一読をオススメします。

ソラチカカード発行キャンペーン
陸マイラー必携となった「ソラチカカード」。陸マイラー活動する上で欠かすことのできないアイテムになりました。現状ではどのように申し込むべきなのかまとめてみました。 ソラチカカードはJCBキャンペーンサイトから直接申し込もう 効率的にANAマイルを試していくためには必携にクレジットカードです。 ...続きを読む
ANA陸マイラークレジットカード
ソラチカカードは、ANAマイルを貯めるなら必携のANAカードとして知られています。 ソラチカカードはクレジットカードですので、ポイントサイトを経由してポイントバックを狙いたいところですが、現在では残念ながらそういった案件は出ていません。 ポイントサイト内を検索して「ポイント獲得できる案件がなかっ...続きを読む

普段使いのクレジットカードとしてはこちらのカードをオススメします。

ANA VISA ワイドゴールドカード
当ブログでは、SFC取得を最初に目指した後、マイルを特典航空券に交換して、より満足度の高いフライトライフを目指しています。(その背景については「ANAマイルの貯め方をお伝えしたいと思ったきっかけ」をお読み下さい) そうした時に、なぜ「ANA VISAワイドゴールドカード」が持つべきANAカードとし...続きを読む

さぁそれでは、ポイントサイトでポイントをいかにして獲得していくか、その方法についてご紹介します。

ここまでステップ通りに進んでこられた方は、どういう仕組みでANAマイルを貯めていけるのか理解できていると思います。”いきなりクレジットカード発行やFX案件なんてまだ怖くてできない”という方のために、最初の案件として、登録するだけでポイントがもらえる案件を紹介します。 まずはちゃんとポイントが獲得で...続きを読む
クレジットカード発行で大量ポイント獲得
陸マイラー初期の活動としてオススメの「クレジットカード発行案件」。どこのポイントサイトで発行すべきなのかを簡単に見つける方法と、気をつけなければならない多重申込についてお伝えします。 初回限定だが獲得ポイントの大きいクレジットカード発行案件 クレジットカード発行案件が、最もお手軽に大量マイルを生...続きを読む
外食モニター案件でANAマイルを貯める
陸マイラーにとって最強の裏ワザ的案件、それが外食モニター案件。毎月安定的にマイルを獲得するためには欠かすことのできない案件ですので、その仕組みと注意点について解説していきます。 毎月安定的にマイルを貯められる鉄板案件 クレジットカード発行案件やFX案件などは初回限定ということがネックですよね。陸...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています