SFC修行にオススメ!ANAタイムセールで那覇発着シンガポールプレエコPP単価7円台&クアラルンプールビジネスPP単価8円台!

ANA815便機体@成田空港

5月26日10:00から始まった、海外ツアータイムセール。

東南アジアの路線をいくつか検索していると、シンガポールやクアラルンプールでかなりお得なツアーがありましたので、早速ご紹介したいと思います。SFC修行にもオススメです!

なお以下の検索結果は、5月26日21時頃のデータですので、場合によっては販売が終了している可能性もありますので、予めご了承ください。


海外旅作(海外ツアー)のタイムセールとは?

まず旅作とは、フライトとホテルを自分で自由に組み合わせて作ることができるオリジナルツアーのこと。

しかも、フライトとホテルを別々に取るよりも安いことが多いのです。この旅作は国内だけではなく、海外でもアレンジすることができます。

その旅作のタイムセールが現在開催されています。

海外旅作タイムセール

今回のタイムセールは、

5月26日10:00〜6月12日17:00

まで開催されています。

セールは販売数に限りがあるので、もし希望のツアーがあったら早めに予約することをオススメします。

海外旅作の最短旅行日数に注意

旅作はホテルも含めてツアーを組むことができますが、海外旅行というよりは修行としての意味合いが強い場合には、その日程はなるべく最短で済ませたいということがあると思います。

どのくらいが最短日程になっているかというと、ヘルプページにこのように記載されています。

アメリカ・カナダ・中南米2泊4日
ハワイ2泊4日
グアム・パラオ2泊3日
オーストラリア2泊5日
ヨーロッパ3泊5日
アジア2泊3日 又は 2泊4日
中国2泊3日

つまりは、現地に最低2泊が必要ということです。

以下の結果は、PP(プレミアムポイント)を効率的に稼げるアジア路線(路線倍率が1.5倍)で探していますので、最低の2泊3日ないしは2泊4日で検索しています。

それ以上の日程になる場合は、現地宿泊日数分だけホテル代が加算されていきますのでご注意ください。

那覇発着シンガポール往復はプレミアムエコノミー搭乗でPP単価7円台

まずはシンガポールから見ていきましょう。

シンガポールで最安の日程は以下の2パターンでした。

#日程路線便名出発到着航空券種別運賃PPPP単価
17月7日 (Fri)沖縄→成田NH215812:1515:00海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥115,3701,9687.86
7月7日 (Fri)成田→シンガポールNH80118:050:15海外旅作(プレミアムエコノミー)5,368
7月9日 (Sun)シンガポール→成田NH8026:0014:10海外旅作(プレミアムエコノミー)5,368
7月9日 (Sun)羽田→沖縄NH109717:2019:45海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
28月25日 (Fri)沖縄→成田NH215812:1515:00海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥115,3701,9687.86
8月25日 (Fri)成田→シンガポールNH80118:050:15海外旅作(プレミアムエコノミー)5,368
8月27日 (Sun)シンガポール→成田NH8026:0014:10海外旅作(プレミアムエコノミー)5,368
8月27日 (Sun)羽田→沖縄NH109717:2019:45海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968

どちらも、金曜日出発で日曜日の夜に沖縄に到着します。

関東在住の方であれば、金曜日朝に東京出発して、日曜日は最終便で良ければ21:20発羽田行きに間に合いそうです。

上記の旅作としての運賃は燃油サーチャージと空港諸税等(5,370円)を含んでいますし、ホテル代(2泊)もコミコミの値段です。それでPP単価が7.86なのですから、これはかなりお得だと思います!

私が1月にSFC修行として利用した同じプランよりもお得ですね、これは。

シンガポールのマリーナベイサンズとマーライオン
2017年1月以降の旅割予約が開始されたことで、2017年から始めるSFC修行のルートを検討していたのですが、その第1弾が確定したのでご紹介します。 SFC修行のおける私の前提条件 まず前提として、私がどのような基準でルート選定しているか?ですが、現在は福岡市在住 自営のため比較的...続きを読む

まぁホテルがフレグランス系(どちらも「フレグランス・ルビー 部屋指定なし」のプラン)なので、ちょっとアレですが…(苦笑)旅作では2つ星ホテルとなっています。

旅程1の結果画面を画像で残しておきますね。

海外旅作-那覇発着シンガポールプレミアムエコノミー

※クリックで拡大表示できます

こちらは、同じようにシンガポールに海外旅作プレミアムエコノミー往復で行った修行記です。良ければ参考にされてください。

離陸@成田空港
海外旅作をメインにプレエコでのシンガポール往復となった、SFC修行第1弾。前回の修行記はこちら。今回は、成田空港ANAラウンジにて搭乗待ちからプレミアムエコノミーでシンガポールへ向かうところまでを紹介したいと思います。 成田空港第4サテライトANAラウンジで搭乗待ち 前回の福岡から沖縄へ...続きを読む
沖止めANA機体@福岡空港
SFC修行第1弾も、シンガポールから日本へ戻り終わりを迎えます。第1弾の最終回は、シンガポールから東京経由の沖縄(那覇)、那覇から福岡へのフライトについてご紹介したいと思います。 SFC修行全体の旅程についてはこちらの記事をお読みください。[第4レグ] プレミアムエコノミーでシンガポールか...続きを読む

那覇発着クアラルンプール往復はビジネスクラス搭乗でPP単価8円台

続いてクアラルンプール。こちらはビジネスクラス利用でPP単価が最安8円台でした。

クアラルンプールでは、以下の7パターンがPP単価的にオススメできる旅程となっていました(1つくらいスルーしたような気がしないでもない・・)。

#日程路線便名出発到着航空券種別運賃PPPP単価
17月3日 (Mon)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥102,0001,9688.69
7月3日 (Mon)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
7月6日 (Thu)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
7月7日 (Fri)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
27月8日 (Sat)沖縄→羽田NH109819:5522:20海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥102,0001,9688.69
7月8日 (Sat)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
7月11日 (Tue)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
7月12日 (Wed)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
37月22日 (Sat)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥102,0001,9688.69
7月22日 (Sat)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
7月25日 (Tue)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
7月26日 (Wed)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
48月26日 (Sat)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥105,7001,9689.00
8月26日 (Sat)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
8月29日 (Tue)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
8月30日 (Wed)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
59月4日 (Mon)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥112,1001,9689.55
9月4日 (Mon)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
9月7日 (Thu)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
9月8日 (Fri)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
69月9日 (Sat)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥110,0001,9689.37
9月9日 (Sat)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
9月12日 (Tue)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
9月13日 (Wed)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968
79月11日 (Mon)沖縄→羽田NH47619:1521:40海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)¥110,0001,9689.37
9月11日 (Mon)羽田→クアラルンプールNH88523:306:00海外旅作(ビジネス)3,904
9月14日 (Thu)クアラルンプール→羽田NH88614:1522:15海外旅作(ビジネス)3,904
9月15日 (Fri)羽田→沖縄NH4616:208:55海外旅作(国際線乗り継ぎ国内区間)1,968

月曜日に出発するか、土曜日に出発するかのパターンに分かれています。まぁ月曜日出発だと、その週はほぼ平日お休みとなりそうですね…^^;

調べた限りでは、クアラルンプール路線では成田便よりも羽田便のほうが安く設定されていました。

クアラルンプールからの戻りが夜になるので、沖縄(那覇)行きは翌日朝の便になってしまうのが、宿泊が必要(人によっては)だったりとその点は少々ネックではありますね…

上記の旅作としての運賃は燃油サーチャージと空港諸税等(4,500円)を含んでいますし、ホテル代(2泊)もコミコミの値段です。それでPP単価が最安8.69です、こちらもかなりお得だと思います(^O^)/

しかしこれはツアーですので、ビジネスクラスではありますが予約クラスはPになりますので、マイル加算率が低くなります。

マイル
加算率
エコノミー
クラス
プレミアム
エコノミー
クラス
ビジネス
クラス
ファースト
クラス
150%  JF/A
125%  C/D/Z 
100%Y/E/B/MG/E  
70%U/H/Q P 
50%V/W/S/T   
30%L/K/G   

先に紹介したシンガポールのプレミアムエコノミーは予約クラスEですので、マイル加算率が100%となり、総獲得PPは実はシンガポールのほうが大きくなります。

また、ホテルについては、

  • 旅程#4、5:フラマ・ブキット・ビンタン (デラックス) デラックス
  • それ以外:クオリティ・ホテル・シティ・センター 部屋指定なし

となっています。

どちらも旅作では4つ星ホテルとなっていますね。

参考までに、旅程2のプランを画像で残しておきますね。

海外旅作-那覇発着クアラルンプールビジネス

※クリックで拡大表示できます

こちらは、海外発券ANAビジネスクラスでクアラルンプール往復に行った修行記です。良ければ参考にされてください。

ANA816便_B787-8
SFC修行第2弾の修行記をレポートしています。前回の記事はこちら。SFC修行第2弾は、ANAプレミアムクラスで、福岡→東京 エアチャイナビジネスクラスで、羽田→北京経由→クアラルンプール タイ航空ビジネスクラスで、クアラルンプール⇔バンコク ANAビジネスクラスで、クア...続きを読む
ANA815便機体@成田空港
SFC修行第3弾の修行記をレポートしていきたいと思います。 SFC修行としては、この第3弾の完了でもって解脱を迎えました。SFC修行第3弾は、ANA普通席で、福岡→成田 ANAビジネスクラスで、成田→クアラルンプール エアチャイナビジネスクラスで、クアラルンプール→北京経...続きを読む

正直なところ、このPP単価だけで言えば、私がSFC修行したプランよりも魅力的ですね…^^;

ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む

旅作予約時はポイントサイトの経由を忘れずに!

旅作予約する際にポイントサイト経由でポイントももらえますので、忘れずに行いましょう。

どこ得-ANAツアー

現時点では、ポイントタウンがオススメのようですね。

まとめ

5月26日10:00から始まった海外ツアータイムセール で、シンガポールやクアラルンプールでかなりお得なツアーがありましたのでご紹介しました。

燃油サーチャージ&空港諸税等&ホテル2泊込でのPP単価では、

  • シンガポール(プレミアムエコノミークラス利用):7.86
  • クアラルンプール(ビジネスクラス利用):8.69

です(ともに沖縄(那覇)発着で計算)。

今回紹介したプランのどちらが良いかは個人の価値観によるのですが、ざっくり言えば、

  • シンガポール(プレミアムエコノミークラス利用):とにかくPP単価重視、フライトも国際線エコノミーでも全然余裕、ホテルも寝れればOKっスという方向け
  • クアラルンプール(ビジネスクラス利用):PP単価は許容範囲内であればOK、出来ることなら贅沢して修行したい、ホテルも良いとこ泊まりたい方向け

かなと。

シンガポールの最安ホテルはゲイラン地区にあるので、いろいろ気になる方はもう少し町中にある良いホテルをオススメします。

海外旅行やSFC修行などで都合良いプランがありましたら、早々に売り切れてしまうことが予想されますので早めに予約されることをオススメします!

関連記事

ANAボーイング787型機
2017年に予定しているSFC修行の全ルートの予約が完了しました。50,000プレミアムポイント(PP)獲得までに掛かる費用が40万円、PP単価は7.8円という結果になりました。 まだ実際に搭乗してPPが加算された訳でもないので、これが正確かどうかはまだ確証がないのですが、予定ベースではこの内容で...続きを読む
スーパーフライヤーズカード
当サイトでは、貯めたマイルで最初にANA上級会員であるSFC(Super Flyers Card:スーパーフライヤーズカード)を取得して上級会員のステータスを手に入れ、その後にマイルを特典航空券に交換してフライトを楽しむことを目的としています。そこで今回はSFCの魅力について、改めてまとめておきたい...続きを読む
シンガポール・チャンギ空港T2・アンバサダーラウンジ入り口
海外旅作で旅程を組んだシンガポール旅行でしたが、マレーシア・ジョホールバルに行ったりチャイナタウンを観光したりして、あっという間に滞在時間が終わりに近づいてきました。 深夜便で成田空港までフライトがありますが、出発の数時間前にはチャンギ空港・ターミナル2に向かい、プライオリティパスで利用できるラウ...続きを読む
KLIA-プラザプレミアムラウンジ入り口
SFC修行第2弾でクアラルンプールを訪れています。 KLIA(クアラルンプール国際空港)で搭乗前に利用した、プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge) タイ航空ロイヤルシルクラウンジ(Thai Royal Silk Lounge)についてレポートした...続きを読む
プライオリティパス(PriorityPass)
世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス(Priority Pass)。これからSFC修行される方であればまだラウンジなど利用出来ないので、空港で搭乗までの時間を持て余すこともあると思いますが、このプライオリティパスがあるとラウンジで搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。そんなプライ...続きを読む
空港アクセス
来年2017年にSFC修行を開始するにあたりいろいろとフライトを予約していますが、成田空港から羽田空港に移動が必要だったりするのですが、どういう移動手段があって時間と費用はどれくらいかかるのか比較してみました。 羽田空港〜成田空港間の移動手段 羽田空港と成田空港の移動方法には、直通と乗り継ぎ別に...続きを読む
SingTelプリペイドSIMカードサイズ
海外旅行に行った時に、無いと困るものと言えばインターネット接続環境ではないでしょうか? Facebookやtwitterなんかにサクッと投稿したり、LINEの無料通話なんかで電話番号が無くても会話できる時代ですので、兎にも角にも「ネット環境さえあれば何とかなる!」ということで、もはや必需品とも言え...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています