【ラウンジ体験レポート】チャンギ国際空港T1「タイ航空 Royal Silk Lounge」|タイ航空の機内のようにパープルに統一された内装のラウンジ室内

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1

タイ航空でチャンギ国際空港からタイ・スワンナプーム国際空港に向かう際に、タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」を利用しました。

今回はそのレポートをしたいと思います。

チャンギ空港には関空からシンガポール航空で到着しています。

シンガポール航空A350-900MH-関空=シンガポール便-ビジネスクラス搭乗レビュー
ANAマイルを使って特典航空券を発券したシンガポール航空ビジネスクラス(A350-900MH:Medium Haul;ミディアムハウル)で、関空からシンガポールへのフライトに搭乗したレビューをご紹介したいと思います。「Medium Haul;ミディアムハウル」とは中距離仕様のことで、2020...続きを読む

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1

まずこのラウンジの営業時間や場所などを確認しておきましょう。

ロケーション&営業時間

まずロケーションですが、ターミナル1の出国審査通過後のエスカレーターで3階に上がった場所にあります。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ロケーション

このラウンジですが、現在は一時的に営業を休止しています。新型コロナウィルスなのか経営破綻の影響なのかは分かりません。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-営業情報

私が利用した際は、確か6:30頃にオープンしたと記憶しています。

タイ航空らしくパープルに統一されたラウンジ内

ラウンジ内は、駐機場に面したりはしていないので外の日差しが差し込んだりはないのですが、パット見の印象はタイ航空の機内らしくパープルのソファー席が配置されそれが全体的に統一されているということでしょうか。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ラウンジ内の雰囲気 タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ラウンジ内の雰囲気

席数は95席あるようなので、それほど狭い印象はありませんでした。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ラウンジ内の雰囲気

数人でのグループで利用がしやすい配置になっていますね。

朝食だからなのか軽食が多いフードメニュー

次はフードを紹介します。

朝食の時間帯ということだからなのか、軽食が多いフードメニューになっていました。

手作り感のあるサンドイッチ類。全粒粉パンが多いですねー。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ミール類

チーズ/アップルデニッシュにクロワッサン。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ミール類

こちらは鶏肉のお粥。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ミール類

スイーツとしてのアーモンドマフィン。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ミール類

私がいた時間はこのメニューだけで、サラダとかガッツリ飯系のものはありませんでしたね。

もしかしたら時間帯が変わると、メニューも変わっていくかもしれないです。


アルコール類は少し寂し目の品揃え

続いては飲み物。

スピリッツ系としては、こちらのバーボンにウォッカ、ラム、ジンだけでしたね。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ドリンク類

ビールは冷蔵庫の中にChangとSinghaの2種類がありました。

他のソフトドリンク類は缶で提供されています。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ドリンク類

オレンジジュースとアップルジュースだけはこちらのサーバーで提供されていました。

タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」@チャンギ国際空港ターミナル1-ドリンク類

ラウンジホッピングをして思うのは、ソフトドリンク類は共通の業者から仕入れているので缶での提供が多いのかな?と思ったり。

同日に回った各ラウンジも同様に缶でのソフトドリンクが多かったです。

Merhaba Lounge@シンガポール・チャンギ国際空港
タイ航空でシンガポールのチャンギ国際空港からバンコク・スワンナプーム国際空港に向かう際に、ターミナル2にある「Merhaba Lounge(メルハバ・ラウンジ)」をプライオリティパス利用しました。今回はそのレポートをしたいと思います。チャンギ空港には関空からシンガポール航空で到着して...続きを読む
タイ航空でシンガポールのチャンギ国際空港からバンコク・スワンナプーム国際空港に向かう際に、ターミナル1にある「Dnata Lounge」をプライオリティパス利用しました。今回はそのレポートをしたいと思います。チャンギ空港には関空からシンガポール航空で到着しています。Dna...続きを読む

まとめ

シンガポールのチャンギ国際空港(ターミナル1)にある、タイ航空「Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)」について紹介しました。

ラウンジ室内はタイ航空の機内のようにソファー席などがパープルに統一された内装になっていました。

朝食の時間帯ということだからなのか、軽食が多いフードメニューになっていましたね。またドリンク類はアルコール類は品揃えが少なく少し寂しい印象でした。

この記事を書いているタイミングではタイ航空は経営破綻してしまいましたが、個人的には好きな航空会社の1つですので、ラウンジも含めてまた素敵なサービスを提供してくれることを期待したいです。

関連記事

ANAマイルを使った特典航空券で、いろいろ乗り継ぎしながらタイ・チェンマイへ行ってました。私はフリーのWEBデベロッパー(エンジニア)なのですが、タイ・チェンマイはノマド生活にオススメの場所として見聞きしたりしていたのですが、これまでしっかりと滞在したことがなかったので、一体どんなノマド生活...続きを読む
シンガポール航空A350-900MH-関空=シンガポール便-ビジネスクラス搭乗レビュー
ANAマイルを使って特典航空券を発券したシンガポール航空ビジネスクラス(A350-900MH:Medium Haul;ミディアムハウル)で、関空からシンガポールへのフライトに搭乗したレビューをご紹介したいと思います。「Medium Haul;ミディアムハウル」とは中距離仕様のことで、2020...続きを読む
Merhaba Lounge@シンガポール・チャンギ国際空港
タイ航空でシンガポールのチャンギ国際空港からバンコク・スワンナプーム国際空港に向かう際に、ターミナル2にある「Merhaba Lounge(メルハバ・ラウンジ)」をプライオリティパス利用しました。今回はそのレポートをしたいと思います。チャンギ空港には関空からシンガポール航空で到着して...続きを読む
タイ航空でシンガポールのチャンギ国際空港からバンコク・スワンナプーム国際空港に向かう際に、ターミナル1にある「Dnata Lounge」をプライオリティパス利用しました。今回はそのレポートをしたいと思います。チャンギ空港には関空からシンガポール航空で到着しています。Dna...続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も一緒に読まれています